大学院に縁はなかったが

晴。風が強い

引き続き,組織開発の本の翻訳

社内報は見つからなかったが,確か評価内容に大学院云々という文言があったなぁとTOEICの公式サイトや送られてきた資料を見たところ,レベルB(730-860)がそれに相当するようだ。となると,おそらく前回もレベルBだったんだろう。

朝起きて今日は晴れかと思っていたら,午後には嵐のような天候になった。

運転免許更新

やや早いが,免許証更新をしてきた。

そういえばMiniのヒーターがまた効かなくなっていたわいと,帰途ラジエータ液を購入。補充してエンジンを回すとホースの接続金具あたりから染み出しが 見られる。原因はこれかな?

ついでにエンジンオイルのレベルを点検したところ,下限をかなり下回っていたのでこれも補充。業者に電話し,日曜日にオイル交 換・オイルフィルター交換がてら見てもらうことにする。そろそろ10年。いつまで乗れるかな?

あれ?前回のTOEICの点数を,630点と書いたなぁ。うーん,よく憶えていないということか。社内報を探さなければ…

TOEICの結果届く

先日受験したTOEICの 結果が届く。790/87.9。前回(1991年)は確か760点くらいだったと思うので,それほど変わっていないとうことになる。もう英語を仕事で使わ なくなって5年以上経っているので,下がっていなかっただけでもよかったかな。中国語検定の時と同じくリスニングはほぼ満点に近いがリーディングがそれに 比べてずいぶん低い(450/340)。リーディングで解き残しを10問以上作ってのこの点数なので,少し努力すればもっと上を狙えるかも。次回は860 点を目指そう!

自動車免許の更新をしてくる予定だったのだが,講習開始時刻の関係で明日に順延。

離任

牧師から勧められたのを期に,今日からしばらく教会学校の担当を外れることにする。復帰時期は未定。

口述対策

晴れ

キリスト教の暦(教会暦)ではまもなく待降節(アドベント)に入るので,このページも多少模様替えを予定。

今朝,日経新聞にめずらしく折り込みが入っていた。中身はら致事件に絡めた共産党批判なのだが,発行は公明新聞なる機関らしい。身内の結束を固めるためにわざわざ敵を作り出しているのだろうけれど,突然こんな ものを配り出すのは総選挙が近いと考えているのかな。個人の信仰・理性を重んじる伝統の宗派 で育った私には,こういうものを団体の名前で発行してやたらめったら配るという発想が理解できません。

午後から名古屋に出かけ,口述対策セミナーに出席。配られた想定問答集など見ていると,もう少しきちんと準備したほうがいいかなという気になる。気分転換にもなったので,出かけて正解だった。

今日は勤労感謝の日。駅前の地下街では国旗があちこちにぶら下がっている。皇族の一人が先日亡くなったのだが,半旗にしようという発想は無い様子。ボーイ スカウトを経験したものとしては旗の取り扱いが国際的なプロトコールに則っていないという意味であまり気分のいいものではないが,中道左派系の発想をする ものとしてはそういう無関心さは世間一般の右傾化の心配を拭うことが出来る材料とも受けとれる。というわけで苦笑しながら街を通り抜けてきた。

口述対策

明日は口述対策セミナー出席。必要かどうかは2日発表の結果次第なのだけれど。

屋久島

午後,名古屋へ。のぞみ園にてこどもたちと遊ぶ。「幼稚園」に準拠した教育施設は,規定上は預かり時間は4時間。ともばたらきの世帯は利用しにくいことだろう。そんな条件でものぞみ園を利用してくださることに感謝。神戸土産を園の職員に。

喫茶店に寄ってKさんを待ち,車を返却。ミニバンからReal Miniに戻った感想は….クラッチの踏み込み距離が短い,バックのときの見通しがよくて怖くない,ふにゃふにゃスムーズとぴょこぴょこガッチャン。

帰途,ラジオから屋久島を水素アイランドにしようと奮闘する民間企業(屋久島電工) の社長さんの話が流れてきた。石油資源依存から水素資源利用への転換を島内全体で進めるとともに,ゆくゆくは沖縄や台湾,朝鮮半島,日本列島の沿岸都市部 にまでその輪を広げてゆこうという話。構想の意図,中期計画,技術的な裏付けともそれぞれ納得いくもので,声だけから類推すると結構な年齢の人のようだっ たが,日本にもまだまだこんなひとがいるんだなと感心した。この会社,雨の多い屋久島の特性を活かそうと水力発電を始め,またその電力を活かすために炭化 ケイ素の製造を始めたとのことで,離島立地ということに甘えずに積極的に強みを活かして創業・事業活動しているといえよう。出資を募っているとのこと。証 券取引所や金融機関,証券会社がもっとこういう会社(やNPO)を広く知らしめて欲しいものだと思う。

神戸旅行

晴れ

本日は神戸。6:30起床,7:30にYさん宅へ。市内は朝の渋滞。意外に幹線道路も混んでいると思ったら,事故処理中だった。車中では関ヶ原の合戦の話 だとかを中国語と日本語をまじえてするのだが,気をつけていないと運転から意識が移ってしまいそうと,助手席でハラハラされる。米原ICで名神にのり,多 賀で休憩。11:30頃,西宮インター着。震災の直後に目の当たりにした光景と,1年後に見た復興中の風景,そして妙に新しい街並みとところどころの空き 地を感慨深く眺めながら,西へ。12:00頃,三宮着。

近くの駐車場に車を停め,早速南京町へ。ざっと眺め,お昼にと快餐屋の椀を片手に広場の休憩所に。パンを持参したとかで,それと一緒に。急に向かいに座っていた派手な格好の女性が歌を歌い始めてびっくり。

食事後,散歩がてら元町通りに出,メリケンパークヘ。震災当時の波止場の設備が残してあるのだが,中国でもテレビで報道されていたよとか,留学生や就学生 が沢山亡くなったんだとか,ちょっとしんみりした話をする。

Yさんのお父さんはゴミ箱にも興味津々でのぞき込んだりしていて,Yさんと笑ってみていた。 ぐるっと海の方にまわってから,ヤマト1の前へ。

せっかく日本に来たのだからと,移情閣(孫文と交流のあった華僑の別荘だった建物に,中山のゆかりの品などを展示してある)を見に行く。

バブルの申し子,本四連絡橋を下からみあげる。

多少時間があったので,予定では午前中に行くはずだった異人館街にいってみることにする。一方通行を知らなくて出口側に着いてしまい,ぐるっとまわったも のの,駐車場を見つけて山登りに。4:00をまわっていて少し寒くなってきた。観光案内所にも立ち寄り,地図をもらったり,道順を尋ねたりする。歩いて 10分くらいとのことで街を見ながらぶらぶら歩いていったのだが,旧中国領事館の受け付けのおばさんは,しきりにもう時間が遅いよ,またあかるいうちにこいといい,早く帰りたがっている様子がみえみえ。ところが下ってきてフランス館やイギリス館は道路の向こう側からでもしきりにどうぞどうぞと声をかけてく る。同じ受け付けなのにね。

日も暮れかけ,予定通り17:00頃神戸発。西宮まで小一時間かかり,おそくなるかなと心配したが,その後は順調。

20:30頃,堤防道路経由で学校近くのGSへ。昨日予行演習をしておいたので,さすがに今日はスムースに済むかと思ったのだが,ハイオクとレギュラーをとりちがえてしまって笑われる。Miniはハイオク指定なので,いつもの癖で黄色いノズルをとってしまった。

Yさん宅で夕ご飯をご馳走になる。テレビを見たり話をしたりして,結局10:00頃辞す。本屋に立ち寄り雑誌購入,帰宅。メールでお礼とあいさつを交換し,長くて短い一日が終わった。

神戸の準備

晴れ

午後のぞみ園に立ち寄り,K夫妻宅へ。Mさんよりコンピュータの動作順調とのお礼。夕食をご馳走になる。車を交換。

乗馬にいけない

晴れ時々曇り時々雨

午前中論文精読。要旨の書き下し。2時間のやっつけ仕事。

午後,大学にて論文解説。L君,私が身元保証人になっているL君の友人の二人を相手に,人間社会に共生するヒューマノイド型ロボット開発の課題に関する研究論文の内容を中国語と日本語をまじえて説く。何度でも繰り返すが,日本人研究者が書く「論文」は散文といったほうがいいくらいに論旨がとりにくいことが 多い。学者の考える力ってこんな程度?

ノートパソコンをL君に引き渡し。

自宅で夕食を自炊。食べた後すぐに眠くなり,横になる。体力が落ちているときの典型的な現象なのだが,身体を動かすことが億劫。こどもたちと走り回るのは 何でもないのだけれど,ジョギングなど始める気になれぬ。会費を払い続けているので乗馬にも行きたいのだが,なかなか時間がとれない。