[IT]イメージのスキャンその後


昨年末,Time Machine 用ディスクのバックアップをとる話を掲載したが,その時によくわからないままやっていたイメージのスキャンの謎が判明した。

イメージのスキャンの実体は,コマンドの asr ,Apple Software Restore の イメージスキャンという機能とのこと。man コマンドで説明を見てみたら,こんなことが書いてあった(多少意訳あり):

与えられた(ディスク)イメージ上にあるデータのチェックサムを計算し,そのディスクイメージに計算結果を追記する。この計算結果は,復元が正しく行われたか否かの検証に使われるとともに,マルチキャスティングの場合にディスクイメージが順番通りに並んでいるかどうか,あるいはファイルが順番通りに再書き込みされたか否かの検証にも使われる。イメージの並び直しが必要である場合,スキャンされるディスクイメージと同容量の空きスペースが必要である。

なるほど,スキャンをするというと単にデータを読み取っているだけという意味に解釈していたんですが,書き込みの準備作業をしていたんですね。

でもだとしたら,復元の手順が複雑にならないよう,復元の指示一発でスキャンと復元をしてくれたらいいとも思うのですけど…。