[日誌]dropboxで同期がされなかったファイル


異なるパソコン間でのファイルの同期ができるサービスの一つ、dropboxを利用しているが,Macでいつまでも同期が完了しない原因を特定した。犯人は古いKeynoteのファイルだった。

現象としては、dropboxがindexファイルを作成していて、それがいつまでたっても終わらないというものであった。そのうち終わるだろうとたかをくくっていたが、1ヶ月以上たってもおわらない。

幸い、dropboxで同期が終わっていないファイルや、そのファイルを含むフォルダには、その旨を示すバッチがつく。それを目印に探ってみると、いずれも古いKeynoteでつくったファイルだった。しかも、それらはいずれもKeynoteで開けることすらできず、ファイルが壊れている旨表示される。また、あいにくTimeMachineのバックアップファイルも今年の6月からという比較的新しいファイルからしか残してなかったため,以前と比べてファイル容量が小さくなったなど,ファイルが壊れているかどうかの目安の情報も手に入らなかった。

試しに同期できないファイルについて、パッケージの内容を表示してみた。そうしたところ、いくつかの構成ファイルで、所有者がrootになっており、使っていたユーザーアカウントでは開けない状態になっていることが判明した。

そこで、sudo chown -R kuono * とおまじないをかけ、所有者を変更。これで新しいkeynoteでもそれらのファイルを開けられることを確認し、しばらく放っておいたところ、dropboxでも同期が完了した。めでたし、めでたし。ちなみに、-R とは、再帰的に子フォルダの中のファイルもchownを適用するためのオプションである。

以上、自分の覚え書きとして。