事業仕分け,注目しています


事業仕分けが始まります。魚野が現在主に関わっている地域資源活用プログラム,農商工連携の支援活動も,市場志向型ハンズオン支援事業という分類になり,今回の事業仕分けの対象になっているようです。大いに活発な議論をし,公正な結論が出てくることを期待しています。

事業仕分けそのものは,始まった頃から興味・関心を抱いてみておりましたし,今回の政府の動きも興味津々ではありますが,それが来年度の自分の仕事と深く関わってくるとなると,正直,ちょっと傍観者的に楽しむというわけにはいきません。

もっとも,支援した事業者さんはそれなりの成果は上げていますし,中小企業の経営力アップという点では大いに意義がある事業をしていると思うので,予算が大幅に削られることはないんじゃないかなと楽観的に見守っております。

ちなみに,地域資源活用プログラムや農商工連携プログラムそのものは法律で見直しの時期が明記されており,法律が改正されなければ,基本的にはその見直しの時期まで続くということになりましょう。今回の仕分けはハンズオン支援が対象ということですから,私のような外部専門家の人件費だとか,交通費だとかが対象ということになると思います。

また,私の契約は単年度契約ですから,来年度についても中小基盤整備機構と契約できるかというもうひとつのハードルがあります。ですので,魚野が2010年度も今の仕事をしているかは,まったくもって未定です。ちょっと他人事モード?