Mac用のOneDrive for Business


去年の1月に出ていたMac用のOneDrive for Business アプリのパブリックプレビュー版,バグだらけで使いものにならかったのだが,いつの間にかOneDrive.appに統合されていた。

くだんのパブリックプレビュー版,2015年の1月に出されていた。当時,ZDNet JapanがMac用OneDriveパブリックプレビュー版リリースの記事が出ている。

Office365を導入していたのと,容量がOneDriveに比べて大きく,自炊した書籍などの他,これまでの仕事関係のファイルなどを入れられる容量だったので,早速導入した。

ところが,である。パブリックプレビュー版といいながら,コンピュータのリソース占有量がべらぼうに大きく,ちょっとしたファイル名やパス(ディスク上のファイル位置を示す情報)がMSの想定範囲外だったというだけでアプリケーションが以上終了し,全く使い物にならなかった。パブリックプレビュー版はおろか,ベータ版にもとどかない,アルファ版の品質レベルだったのだ。

その後,何の改善ニュースも聞かないまま,アップデートを期待しつつ,今日までアプリを立ち上げてはいつの間にか異常終了という儀式をときどき行ってきたのだが,本日,Mac用アップストアで,サードパーティのアプリを発見。一瞬,誰もが困っていて,結局第三者が問題解決に乗り出したんだと喜んだが,レビューも少ないし,ネット上での評価もほとんどみかけない。

そこで検索をあらためてしてみると,いつの間にか,OneDrive.Appに統合されていたのだとか。但し,これまたベータ版扱いの様子。というのは,ターミナルで設定してやらないと,その肝心の統合された機能が表に出てこないようになっている。

ま,何にしても,多少は異常終了しにくくなったのではないかとちょっと期待しつつ,公式サイトでの説明通りに OS X 用の OneDrive.App で OneDrive for Business アカウントを有効にする方法を設定してみた。OneDriveのアイコンがメニューバーに2つ出てきて,一応,同期が始まったようである。さてどうなることやら。