Q. 一年に何回ぐらい海外にいくんですか?最近中国にいきましたか?

Ans. 最近は,平均すると年に1回くらい,仕事で海外にいってきましたが,2012年は転換点になり,すでに香港2回,中国(北京・貴州省)1回,市場調査のために(自費で!)出張し,年末までにもう1回,香港に出張する計画です。昨年までは中国にはしばらくご無沙汰でしたが,毎日,現地のニュースサイトなどをチェックし,最新情報の収集をしてきました(2012.09.19現在)。

Q. どうやって外国語を勉強したんですか?どうしたら外国語が覚えられますか?

Ans.1,000時間以上かければ,基本的には誰でも外国語は使えるようになると思います。魚野がつかんだおすすめの学習方法は以下のとおりです:

  • 基本的な文法(時制,仮定法,順接・逆接の接続詞)をおさえること(単語を知らなくても,簡単な文法さえおさえておけば相手に面と向かっていればなんとかなります)。
  • 目にしたこと,表現したいことをかたっぱしから外国語で表現してみること(頭の中でつぶやくだけでOK)。
  • 専門や趣味の雑誌を覚えたい外国語のもので読むこと(知識や興味があれば,内容を推測することができるので)。
  • ニュースを聞くこと(母国語でニュースを聞いていれば,ある程度内容を推測することが可能なので)。

Q. いったい何か国語,話せるんですか?

Ans. 生活に困らないというレベルから,大学院留学できるというお墨付きをいただいたものまでいろいろありますが,中国語(大陸で共通語として使われている普通話),英語,イタリア語,そして母国語の日本語の併せて4カ国語です。

Q. どうして中小企業診断士という資格を取得したのですか?

Ans. 会社員時代に経験した,海外の製造委託先の経営者と全力で対峙することがおもしろかったからです。自分の持てる全て,理系の学生として取得した論理的な考え方,ITの知識・経験,工場時代に取得した品質管理や組織開発の知識・経験,個人的な生育歴に遡る,キリスト教の知識や心理学の知識・経験,語学の力,異文化を理解する力など,すべてを出し切ることで,海千山千の外国人の経営者さんたち,スタッフの人達と,よい仕事が出来たと思っています。