魚野の過去・現在・将来


まずはご挨拶

iPadを発売当日に入手してあちこちデモンストレーション中。

ようこそ。 こちらのサイトでは,魚野の日常の様子を綴った在日日本人の滞在日記,業務での気づきを綴った公開業務日誌の他に,研修や大学の講義で使った資料,その他の情報を掲載しております。

略歴

名古屋工業大学在学中,南京大学に語学留学(1987年9月〜1988年8月)。卒業後はカゴメ株式会社にて品質管理や国際業務を担当(1991年4月〜2001年6月)。カゴメ株式会社在職中,度々中国,イタリアなどにて出張していましたが,日本と海外取引先との価値観の違い,仕事の進め方などの違いを調整しつつ,品質管理や経営改善に協力することに興味を持ち,10年の勤務を経て退職,中小企業診断士資格を取得し,独立開業(2003年3月)。気が向くと,事業者さんの支援などをしております。

魚野が現在取り組んでいること

現在は六次産業化,農商工連携や地域資源活用の事業認定を受ける事業者さんの支援,海外を市場や原材料調達先,製造拠点などとして活用しようとする小規模事業者さんの支援を中心に活動しています。

こうした事業活動や活動のスタイルを行っている背景には,魚野の経歴が深く関わっています。上述の通り,魚野は名古屋工業大学在学中,南京大学に1年間語学留学していました。初めての海外体験が1年間という長期間,かつ,当時はまだまだ社会主義や途上国の色彩の濃かった中国大陸というインパクトの強いものであり,海外と関わる面白さを初めて味わいました。その後,大学を卒業し,食品会社のカゴメ株式会社にて品質管理や国際業務を担当。度々中国,イタリアなどにて出張し,現地で仕事をしていましたが,日本と海外取引先 との価値観の違い,仕事の進め方などの違いを調整しつつ,品質管理や経営改善に協力することに興味を持ち,10年の勤務を経て退職,中小企業診断士資格を取得し,独立開業.現在に至っています。また,早くからキリスト教のコミュニティと接していたため,人間関係を上下関係ではなく,対等にとらえ,察しを期待するのではなく,直接的,論理的に対話を重ねるコミュニケーションを意識してきました。

魚野の情報発信

魚野の活動実績

◯海外活用支援(2011.04〜)

  • 海外販路開拓のための経営戦略構築支援と展示会出展支援
    • 香港の食品市場視察,流通事情調査
    • 2012 中国・貴州省の市場視察
    • 2013.12 香港にて食品の市場調査支援
    • 2014.06 台湾にて食品の市場・流通状況調査
    • 中国語圏の食品市場開拓に関する調査・報告
    • マレーシアにて食品の展示会出展支援・市場視察支援
    • 2015.02 香港にて食品事業者の商談会参加支援
    • 2015.03 ニューヨークにて食品事業者の展示会出展支援
    • 2015.10 香港にて食品事業者の小売店店頭販売活動支援
    • 2016.08 香港にて食品事業者の展示会出展支援
    • 2017.02 マレーシアにて食品事業者の商談会参加支援
  • 海外向け販売の支援
    • 2016.04〜 食品事業者の海外向け販売サイトの構築・運営支援

六次化支援政策関係(2011.06〜)…六次産業化プランナーとして,愛知県の案件の事業認定申請支援,六次産業化推進支援を担当。

  • 六次化事業認定支援
    • 事業認定に至った支援事業者数16社(2016.08現在)
  • 六次化推進支援
    • 2011.08〜 事業認定を受けた事業者の巡回・助言等
    • 2014.05 豊田市六次産業化起業塾 講師
    • 2015 稲沢市六次産業化に係る調査・研究
    • 2016 滋賀県六次産業化研修 講師
    • 2016 稲沢市六次産業化研修 講師
    • 2017 大府市,一宮市,稲沢市六次産業化研修 講師

○地域活性化政策関係

中小企業基盤整備機構中部支部で,アシスタントマネージャー,プロジェクトマネージャー,専門家として中小企業・農林漁業者を支援してきました。

2017年度も引き続き国際化支援・農林水産物や食品の海外輸出支援,六次産業化の支援にも関わっていきます。

○農林漁業マーケティング関係

愛知県・三重県を中心に,農林漁業者さんのマーケティングの取り組み,農商工連携の取り組みの支援を行っています。

  • 愛知県の茶農家「宮ザキ園」の公式サイト運営と3ヶ国語での情報発信
  • 愛知県6次産業化サポートセンター等が主催する農林漁業者のための各種マーケティング講座講師

○食品加工の品質管理・衛生管理関係

HACCPやISO22000など新しい衛生管理の考え方に基づいた,小規模企業ならではの取り組みの工夫を支援しています。

  • 食品事業者の加工場改修に伴う衛生改善プロジェクトの支援
  • 食品事業者の加工場新設に伴う施設・設備設計の食品衛生上の助言

これから取り組みたいこと

  • 直近では,農林水産物やその加工品を海外市場にいかに到達させるかについて,実践を重ねつつ模索中。
  • 中期的には,
    • 農林水産業へのICT活用支援。
    • 中国語圏のどこかで法律系の資格を取得する。
    • 趣味の語学の幅を広げる。具体的には,英語,中国語(北京語)については専門家や経営者とのディスカッションに不自由なく使える水準にまでのレベル向上(現在は,英語・北京語とも,日常会話・商談・専門分野に絞った議論程度)。イタリア語については日常会話・簡単な業務会話程度の維持。中国語(広東語・上海語),インドネシア語については,日常会話レベルを目指す(現在は,広東語は簡単な日常会話程度,上海語・インドネシア語は簡単な挨拶程度)。

 

その他