[日誌]チベット鉄道プロジェクトで税金逃れ発覚

チベット鉄道建設プロジェクト中,偽明細書の金額は1.28億元(リンク先は中国語のサイト)だそうです。このプロジェクトは日本の新幹線建設のような国策プロジェクト(正確にはチベット鉄道プロジェクトの一部の西宁グルム複線化工事の監査の話)ですが,今回の事件は砂や石の購買記録から見つかったもので,税金逃れ目的と見られています。

中国には日本の消費税のような付加価値税があり,取引毎に税額を明記した明細書が発行されます(これを発票ファーピャオといいます)。今回は,税務所の証明を偽造し,資材業者が税金逃れをした模様。このニュースサイトに記述されている当該工事の総投資額は105億元ですから,支払われたお金の1%以上の部分で税額分が闇に消えていったようです。

ま,日本でも高度経済成長期に建設された山陽新幹線では粗悪コンクリートがはがれ落ちる事故が相次ぎ,品質の悪いコンクリート材料が大量に使われていたことが判明していますので,どっちもどっちという気がしますが。

前の記事

[日誌]本日の予定

次の記事

[日誌]本日の予定