貴州省貴陽市第一印象


中国・貴州省・貴陽市にやってきた。まだ到着して二時間半ほどしか経過していない—空港では貴州省政府のかなり偉い人が夜の11:00に到着する飛行機を待っていてくださり,わざわざあいさつをしてくださった。恐縮しきりである—が,まずは第一印象を記しておこう。

貴州省は中国でももっとも貧しい地区の一つで,実際,市内を通行しても,街路灯の他についている照明が少なく,やや暗い感じがする。建物は空港近辺こそ平屋が多いものの,町中では10階建て以上の建物,居住用からオフィス用とと思わしきものまでがそこかしこに見られ,建物の密集度もかなりあり,名古屋であれば空港線を走っているような感じだった。当然,空港からホテルまでの経路にもよるだろうが,ともかく留学していた1987〜88年の南京に比べたら,明るさも建物の高さも走っている車の量も雲泥の差だ。

貴州の人々の言葉はなんとか聞き取れる。巻き舌がないのと四声が北京官話のそれと違うので,気を抜いていると,何を話しているのかわからなくなることがあるが,普通語の知識があれば,なんとかなりそう。言語というものはおもしろいもので,発音やイントネーションは,方言同士にだいたい法則性があるように思う。だから,基本となる言葉を一つ知っていれば,話せなくても聞き取ることはできるようになる。1週間もこちらにいれば,ある程度真似できるようになるだろうと,豪州での経験から予測している。もっとも,今回の出張は自費で来ているので,当地は実質3日間の滞在で,聞き取るのに慣れる頃に帰国予定。

人々はあたりが柔らかい。前述の貴州省政府の行政官,ホテルまで送ってくれた知人の知人,ホテルのフロントの女性など,地方らしい温かみを感じさせるふるまい,態度であった。途中,経由してきた上海でも,空港で怒鳴り散らしている利用客もいたものの,自動チェックイン機の担当職員,機内の職員,空港内の書店店員の態度,ふるまいも,以前の中国なら必ず感じた高圧的な雰囲気や冷たさは感じられなかった。

明日以降,当地の企業経営者・消費者へのインタビューや,大規模展示会の参観をこなす予定。無事,FacebookやTwitterも外出先でもホテルでもつなげる方法が確保できた。次回は,もう少し実務的な報告をしたい。

Follow me!