工業経営論第13回

2017年度前期の工業経営論第13回,テーマは標題は生産システムと経営。テキストから離れての講義であり,お膝元,愛知県内の事業者,トヨタに関連する用語が次々と紹介される。愛知県内の工業系の学生が興味をもちやすいテーマでもある。

質問一覧は以下の添付資料の通り。特に7つのムダについて興味を持つ学生が多かったようで,もっとも質問者数が多かった。

20170712工業経営論質問一覧

工業経営論2017 第6回質問一覧

20170524工業経営論板書

第6回のテーマはセグメンテーションとポジショニング。テキストでは日産のマーチをとりあげており,自動車県である愛知県内の工業系の学生は興味をひかれやすい。

実際,この回の質問では具体例に基づいた質問や見解表明が多く,例年どおり,演習での意見も多様かつ具体的であった。

20170524工業経営論質問一覧

20170524工業経営論板書
20170524工業経営論板書

Haskell 覚書 inkey$を実現する

難しいことを簡単にし,簡単なことを難しくする,などといわれる純粋関数型言語 Haskell。かつてBasic 言語でプログラミングをしていた際によくつかったinkey$関数の実現方法を調べてみた。

inkey$関数とは実行されたときに押されている一文字からなる文字列を返す関数。キーが押されていないときは””が返ってきたはず(30年以上前の記憶なのでうろ覚え)。

以下のコード〜raspberry pi で動けばいいので,とりあえずはこんなコードで〜を macOS で動作確認したところ,おおむね期待通りに動作した。Windows でどうなるかは不明。

import Data.ByteString as BS
import System.IO

main :: IO ()
main = do
 hSetBuffering stdin NoBuffering -- set non buffering mode 
 keyscaned <- BS.hGetNonBlocking stdin 1 -- ::IO ByteString
 if keyscaned == BS.empty
 then main
 else do
 print keyscaned
 main

工業経営論2017 第4回質問一覧

20170510工業経営論板書-2

工業経営論2017 第4回のテーマはマーケティング。マーケティング・コンセプトの変遷や,マーケティング・ミックス(いわゆる4P)などをとりあげた。また,丁度日経流通新聞(日経MJ)で老舗マンガ雑誌のコロコロコミックがとりあげられていたので,これを題材に。

ちなみにコロコロコミックは,発刊40周年。小学校高学年の男子児童のうち恋やおしゃれに目覚めていないという層をターゲットにしているとか。発刊当初はドラえもんがたくさん読めるという特徴で売り出し,時代の変遷に合わせてコンピュータ・ゲームを扱ったゲームセンターあらしなどで一世を風靡,現在も80万部を発行とのこと。

20170510工業経営論質問一覧

演習で学生が取り上げた商品・サービスのターゲット・対応ニーズ・独自性

20170510工業経営論板書-2

工業経営論2017 第3回質問一覧

工業経営論2017 第3回のテーマは経営戦略。主に成長戦略と競争戦略をとりあげた。毎年,学生が知っている業界で,どの企業がどんな地位別戦略をとっているかを考えてもらう。具体的な企業名や商品名がどんどん出てくることから,他の学生の意見・発表を聞く面白さに気づいて刺激を受けた学生が多くなる。

20170426工業経営論03質問一覧

工業経営論2017 第2回質問一覧

工業経営論2017 第2回のテーマは会計から会社を知る。ざっと財務諸表2表(BS,PL)の構造や見方を紹介する。その際,出資や融資といった資金調達の方法や,資本金の意味,株主総会や株主の役割,利益の行方(納税・配当・役員報酬・内部留保)といったことを紹介し,(株式)会社が社会とどうかかわっているかを知ってもらう。

これまでの小中高の学校教育では学ぶ機会が殆どなかったであろうことや,学生によっては就職活動と重なることもあり,興味を示す学生はかなり関心を持って聞いている。

20170419工業経営論質問一覧

Haskell メモ

Haskell の習作として Rover Mini の ECU (MEMS)モニタソフトを作りかけている。以下はそのために試行錯誤した際のメモ。順次追記予定。

  1. 16進数表記の文字コードを入力し,文字を得る。
    
     do
       charcode <- readLn :: IO Int
       let command = chr charcode
     

    ECUコマンド発行用。ECUコマンドは基本的に1バイト文字。符号なし1バイト整数を意味する Word8 をこの時点から使おうかと思ったが,chr 関数にWord8を引数とさせる方法を調べるのが面倒だった(多分,こちらの記事が役に立つ。あとで調べる。)ので,とりあえず Int で入力させることを決め打ちにしてこのようなコードに。コンパイラオプション({-# LANGUAGE OverloadedStrings #-}ghc -XOverloadedStrings )を活用する方法を使わなかったのは,単に使うオプション類をできるだけ少なくしたいというコーディングスタイルの趣味の問題。

  2. macOS 機または Raspberry Pi での動作を前提とし,USBシリアル変換ケーブル経由のデータのやりとりをデバイスファイル経由で行う。
    
    result 

    ByteString 内の hPut や hPutNoBuffring では,文字を書き込んでも制御が戻ってこない。下層の Unix システムコールを Haskell で使う Posix.IO の wirteFd あたりを使う必要があるか。Haskell の問題というよりは Unix の使い方の知識の問題。
    【2017.05.30 追記】結局,serialPortモジュールを使うことで解決。初期化やデータのやりとりができるようになった。protocol.c では初期化コマンド送出の途中に ping を入れているので,この仕組も取り入れた。

  3. コンソールで入力した16進の文字コードをECU側に発行し,その反応を,時刻付きでコンソールに表示する。
  4. コンソールに表示した時刻と反応のセットを,第二引数で指定したファイルに書き込む。
  5. シリアル通信が途切れたときのための例外処理の追加。

工業経営論2017 第1回質問一覧

工業経営論2017 名古屋市にある大同大学にて,機械工学科の4年生の学生を対象とした選択科目,工業経営論,今年も開講。第1回のテーマは経営。また,毎年,経済動向やアジアの勃興,多くの企業が海外を活用する・しようとしていること,それ故に受講生の世代がマーケティングや経営,異文化理解を学ぶ意義を第1回の講義で紹介している。

第1回は例年,まだ受講生が質問票システムになれていないこともあり,質問ではなく感想が多い。

20170412工業経営論質問一覧