工業経営論第2回 報告内容一覧

5月27日開催,2020年度前期工業経営論の第2回講義。例年はB/S, P/Lを紹介し,出資の概念や利益配分,金融機関の役割などを紹介し,講義の最後に下記のような問いかけをして発表してもらう。会社は誰のものかという問いに,所有という意味,大切にすべき人という意味など,問題そのものに多様な視点が含まれており,自分はこの視点でこう考えるが,他の人はこの視点で考えるのか,この視点だとこう考えるのか,などの気付きがあるとよい。

1)「会社は誰のものか」という問いに対して,回答とその根拠となる考え方を2組み答えなさい。
  <誰のものか   1>
  <なぜそういえるか1>
  <誰のものか   2>
  <なぜそういえるか2>
2)上記のふたつの考え方のうち自分の考え方に近い方について,自分の考え方に遠い方に比べてより重要だと考える根拠を説明しなさい。
  <結論> 自分なりの考え
  <根拠> なぜそういえるのか
  <例証> 根拠を支える上で参考にできる事例

今年も,課題としては同じ問いかけをした。また,受講に際して気になる会社の決算書を入手してそれを見ながらの受講を指示した。

集まった課題レポートと,講師のコメントを一覧にしたものはこちら。

レポート一覧20200527

課題報告を眺めてみると,90分という講義時間の制約がないせいか,例年の口頭発表に比べて踏み込んだ内容を踏み込んだ表現で報告する学生が多い。ただし,ネット情報のコピペで済ませる学生もいるのだろうとも思うー自分が学生ならそうしていた。例年なら,発表者と対話して,発表者やそれを聞いている受講者の考えを深めてもらうのだが,今年度はそれができないところがもどかしいところ。

工業経営論2020年度講義開始

新型コロナ感染症の影響で遅れていた大同大学での今年度の工業経営論の講義が先週5月20日に始まった。結局すべてオンライン講義となり,資料をあらかじめ提示して受講生が報告書を提出というスタイルが基本形。

第1回の講義は例年,ガイダンスと,日本のものづくりをとりまく現況を考えてもらったり,そのうえで自分がどうすべきかを考えてもらう。今年は,質問票の代わりに毎回課題を出してもらうことにして,第1回は以下のような課題とした。

■第1回講義のアウトプット「これからのものづくり」
 講義資料や,ネット情報,新聞・雑誌情報などを参考に,以下の設問について調べたり考えたりした結果を簡潔にまとめ,メールで講師に送信してください。
1)これから,日本のものづくりはどうなっていくと思いますか?
  <結論> 自分なりの考え
  <根拠> なぜそうなっていくかといえる理由
  <例証> 根拠を支える上で参考にできる事例
2)上記1)を考える上で,について
  <疑問> 疑問を感じたこと,わからないこと  (感じたことでも可)
  <事実> 上記疑問について,自分が知っていること(反例等)
  <意見> 上記疑問について,自分はどう考えているか,予測しているか等

例年のごとく,コメントを入れた状態のまとめを今年も配布する。
報告一覧20200520

今年は例年と違い,学生から電子データで情報が送られてくるので,一覧を作成する時間や手間は少なくなった。しかし,それだけに質問の意図や背景,他の学生の記述内容や返信を調整しながらのコメントとしてじっくり考えたり後で修正したりといった時間を意図してとらないといけないなと感じた。今回分は時間切れで,少々そのあたりのバランスに欠けるコメントになってしまっている。

2018年度工業経営論 第08回

2018年6月6日 工業経営論08回。 テーマは価格戦略とチャネル戦略。

20180606工業経営論08質問一覧

一部教育実習生が戻ってきたため,受講者数も増加。ものづくり系の学科であるせいか,販路よりは原価に関心を持つ学生が多かった。例年,損益分岐点をこの回で紹介すると,興味を持つ学生が多いのだが,今年は経済全体,あるいは自動車やウェアラブルなど,注目を集めている産業の動向に関心がある学生が多い印象。

 

2018年度工業経営論第7回

工業経営論第7回。テーマは製品戦略。

工業製品の企画が,製品そのものの機能・性能だけでなく,修理や廃棄,消費財にあっては購買体験も考えながら検討する必要があるという点,実際の商品開発では自社の持つ技術や知財からの発想のみならず,顧客の求めることはなにかという視点でも発想する必要がある点,プロダクト・ライフ・サイクルによって商品開発などマーケティングの取り組みが異なってくるという点などをとりあげた。また,例によって,新聞紙の使い方をどれくらい思いつくかを題材に,ブレーンストーミングなど発想技法のさわりも紹介した。

20180530工業経営論07質問一覧

結果としては,PLCに複数の質問があった他,全体としてはゲームやスマホなど,学生が身近に接する工業製品を題材にした質問が多かった。

演習で出た回答などは,後日紹介予定。

工業経営論第13回

2017年度前期の工業経営論第13回,テーマは標題は生産システムと経営。テキストから離れての講義であり,お膝元,愛知県内の事業者,トヨタに関連する用語が次々と紹介される。愛知県内の工業系の学生が興味をもちやすいテーマでもある。

質問一覧は以下の添付資料の通り。特に7つのムダについて興味を持つ学生が多かったようで,もっとも質問者数が多かった。

20170712工業経営論質問一覧

工業経営論2017 第6回質問一覧

20170524工業経営論板書

第6回のテーマはセグメンテーションとポジショニング。テキストでは日産のマーチをとりあげており,自動車県である愛知県内の工業系の学生は興味をひかれやすい。

実際,この回の質問では具体例に基づいた質問や見解表明が多く,例年どおり,演習での意見も多様かつ具体的であった。

20170524工業経営論質問一覧

20170524工業経営論板書
20170524工業経営論板書

工業経営論2017 第4回質問一覧

20170510工業経営論板書-2

工業経営論2017 第4回のテーマはマーケティング。マーケティング・コンセプトの変遷や,マーケティング・ミックス(いわゆる4P)などをとりあげた。また,丁度日経流通新聞(日経MJ)で老舗マンガ雑誌のコロコロコミックがとりあげられていたので,これを題材に。

ちなみにコロコロコミックは,発刊40周年。小学校高学年の男子児童のうち恋やおしゃれに目覚めていないという層をターゲットにしているとか。発刊当初はドラえもんがたくさん読めるという特徴で売り出し,時代の変遷に合わせてコンピュータ・ゲームを扱ったゲームセンターあらしなどで一世を風靡,現在も80万部を発行とのこと。

20170510工業経営論質問一覧

演習で学生が取り上げた商品・サービスのターゲット・対応ニーズ・独自性

20170510工業経営論板書-2

工業経営論2017 第3回質問一覧

工業経営論2017 第3回のテーマは経営戦略。主に成長戦略と競争戦略をとりあげた。毎年,学生が知っている業界で,どの企業がどんな地位別戦略をとっているかを考えてもらう。具体的な企業名や商品名がどんどん出てくることから,他の学生の意見・発表を聞く面白さに気づいて刺激を受けた学生が多くなる。

20170426工業経営論03質問一覧

工業経営論2017 第2回質問一覧

工業経営論2017 第2回のテーマは会計から会社を知る。ざっと財務諸表2表(BS,PL)の構造や見方を紹介する。その際,出資や融資といった資金調達の方法や,資本金の意味,株主総会や株主の役割,利益の行方(納税・配当・役員報酬・内部留保)といったことを紹介し,(株式)会社が社会とどうかかわっているかを知ってもらう。

これまでの小中高の学校教育では学ぶ機会が殆どなかったであろうことや,学生によっては就職活動と重なることもあり,興味を示す学生はかなり関心を持って聞いている。

20170419工業経営論質問一覧