9-11(2)

トルコ、インド、パキスタンが自国の軍事施設/領空を米国が使用することに同意したようだ。中国も、テロ対策に米国と歩調をそろえるといっている。米国が軍事的な報復を開始しても、強烈な反対をする国はなくなりそうだ。

アメリカが犯人らの通信の内容を即座に入手したと発表。通信傍受システムの恐ろしさの一端を垣間見た気がした。

更に5人の不審人物が米国で拘束されたとのこと。多次の攻撃の可能性がやはりあったということだろうか。

早晩、アフガニスタンに潜伏しているというテロ組織の基地を狙って米国は軍事報復を開始するだろう。ほとんどの国家は概ね米国の行動を積極的/消極的に支持するだろう。イスラムの一部の民衆は、ますます米国に敵愾心を燃やすだろう。

日本国民は多くは対岸の火事くらいにしか思っていないだろうが、アフガニスタンへの攻撃は,沖縄米軍が深くかかわることになる。特に、補給基地としての役割があるので、そのかかわり方はベトナム戦争のような状況になるのではないか。それを機に,ここしばらく国際テロの標的となっていない日本が、巻き込まれる可能性は十分に高い。

米国で自爆テロ

アメリカの会社のウェブサイトがおかしい。何だろうとYahoo!のサイトを見ると、ニューヨークの株式市場がテロ攻撃で閉場したとのこと。テレビを見て言葉を失う。見ている目の前で,貿易センタービルが崩壊したのだ。

民間旅客機のミサイル化と政治経済中枢建造物を標的とした自爆テロ:こんな方法があったのか->真似をする奴が必ず出てくる。だが、どうやって防ぐのだろうか…

第一報を聞いた時点で日本政府は在日米軍/米国施設、原発、国内重要施設の警備を強化したか?

あまりに正確に標的に激突している。旅客機を操縦したような人間がテロ組織に入るのだろうか?

自民党は自衛隊の在日米軍基地警備や有事法制をこれを機に実現させようとはしゃぎそうだ。

だが、有事を想定した訓練は必要かもしれない。