dropboxでOSXのアドレスブックのデータを同期させる

2011年6月24日追記

残念ながら,下記の方法を行っても,同期が思ったようにはされなかった。素直に,iCloud の開始を待ったほうが良さそうだ。

追記終わり

まもなくiCloudが始まるので意味がなくなるが,一応自分のための覚書。

  1. 同期させたいパソコンのアドレスブック.app を終了
  2. 元データの移動…/Users/(* ユーザー名 *)/Library/Application\ Support/AddressBook にあるデータをdropboxで同期しているフォルダのどこかに移動
  3. シンボリックリンクをはる…sudo ln -s (* dropbox フォルダでアドレスブックデータをおいておくところ *)   /Users/(* ユーザー名 *)/Library/Application\ Support/AddressBook
  4. キャッシュの消去…/Users/(* ユーザー名 *)/Library/Cache/com.apple.AddressBook
  5. 適宜,各フォルダのアクセス権を変更

注意

  • 何をやっているか理解出来ない方は,真似しないでください。
  • クラウドに個人情報をおいておくことに不安を感じる方にもお勧めできません。
  • アドレスデータをいじった直後に同期をおこなっても,うまく同期が取れないようです。キャッシュの関係?

背景

常用しているMacBook Airは,ディスク容量の制限の関係でiPhoneやiPadと同期させず,宅内作業機として使っているMacBookが音楽や写真,アドレスブックデータの管理場所となっていた。しかし,外出先でアドレスブックデータをいじりたい場面が多々出てきた。

そこで,MBAとiOSデバイスを直接同期させはしないものの,MBAのアドレスデータが自動でMBのほうに反映されるようにすることで,MBAとiOSデバイスのアドレスデータを共通化させることにした。

参考ページ:

http://tipsfor.us/2008/11/24/keep-your-address-book-in-sync-with-dropbox-mac-os-x/

OSXの目指すその先

昨晩,アメリカでアップル社の発表会が行われ,新OS,新サービスの概要が発表された。iPhoneやiPadなど情報端末向けiOSの進化,クラウドを基盤としたサービスの集合体iCloudの発表と,アップルの製品・サービスは順当に進化しているように見える。しかし,いささか手詰まり感があるのがOS Xだ。

iPhoneやiPadは,ついにパソコンの呪縛から離れ,クラウドサービスとつながることで独立した端末として機能し始める。後発のAndroidにあってiOSになかった仕様であり,実装の要望も多かったことだろう。iPhoneやiPod, iPadの使い勝手に感動してWindowsからMacに乗り換える(ハロー効果と呼ばれている)ユーザーも多いだけに,パソコンとの接続を前提としたiOS端末を単独で使えるようにすることは,正負両面の影響があった。だが,ネット接続にパソコンを使う人よりもはるかに多くの人が,携帯端末を使う。そんな変化が進んでいる現在,パソコンに紐付けておくことは足かせとなると判断したのだろう。

iCloudは,アップル社が従来持っていたクラウドサービスを更に進化させたものだ。クラウドサービスには高速ネット接続環境が不可欠だが,移動中も含め,少なくとも日本や韓国,アメリカの都市部やその近郊では,ネット越しのサービス利用に必要なだけの接続環境が整ってきている。パソコンにすべて貯めこむ時代から,様々な端末でネット越しにデータやサービスを利用する時代に突入する,よいタイミングをとらえている。

今回の発表でいささか拍子抜けしたのが新しいMac用のOS, OS X Lionの中身だ。価格や配布方法,一人の人にライセンスするという方式(1回買えば,個人のどのMacにも使える),バックアップの自動化など,リーダー企業ならではの方策には感心するが,クラウド化したその先,パソコン,特にファイルの活用がどうなるのか,方向性を見いだせていないように感じる。

個人や企業が活用するデータやそれを格納するファイルの量は爆発的に増えている。膨大な量のデータやファイルを扱うには,従来の階層フォルダ(Windowsの世界ではディレクトリ)による論理的な整理では対応しきれない。それは,デスクトップにファイルがちらかっている多くのユーザーの姿を見れば一目瞭然である。

個人的なアイディアとしては,Spotlightのような素早い検索がOS Xの優れた解の一つだと思う一方で,Evernoteのように,保存した画像から自動的に文字認識するような,検索のしやすさを支える機能が,OS Xには足りない。画像のみならず,動画,音声ファイルなども自動的に索引付け,タグ付けする機能が必要だと思う。

また,ファイル保存場所をクラウドにすることでどの端末,パソコンでも同じデータが使えるという利便性が向かうべき方向だと思うが,この点,今回の発表ではいまだ中途半端のように思う。iCloudやサーバー機能の低価格化(Lion Serverは,OS Xの追加機能として5,000円程度で追加できる。従来価格の1/10だ!)で一定の解が出されているとはいえ,自宅に24時間サーバーに電源を通じておく場合のリスク(出火や不正アクセス,盗難)を考えると,今回の発表概要からまだ一歩,進歩の余地があるように思う。

海外出張にアップル製品は必須

先日の米国出張でアップルの機器が大活躍した。持参したiPhone 3GS, iPad, MacBook Airのアップルトリオは電話だけでなく,街を歩いていてや展示会出展中の調べもの,FacebookやtwitterなどSNSとの接続,ナビゲーションなどに使っていた。ただ単に便利だっただけでなく,海外出張にありがちな危機を何度も回避したり,リカバリーができたりした。何があり,どうしたか,アップルの機器がどう役立ったかをお伝えしたい。

昨年2010年からSoftbankは海外データ通信ローミングサービスを始めている。一日あたり1,400円程度と短期滞在向けであり,価格水準も妥当なものだ。ただ,Softbankと契約したiPhoneは海外に出てもテザリング出来ず,一方でビジネスで出張している者としてはMacBook AirやiPadでも費用の心配なく,納得のいく費用の範囲内でデータ通信がしたい。そこで今回は,データ通信は別事業者のWiFiルータサービスを利用した。これも1日あたり1,000円程度の金額で定額通信ができる。3G回線を利用しているので若干まどろこしい速度であり,通信時間も今回利用したものは4時間程度しかもたないものだったが,現時点では許容範囲だ。

現地でもっとも活躍したのはiPhoneだ。電話は当然のこと,Twitter, Facebook などSNSのサービスを利用して海外でも気軽にリアルタイムの情報発信ができる。空港や展示会場でのFacebookでのチェックインは,臨場感をもって受け止められたと思う。自分のような個人事業者にとって,どこで何をしているかをこまめに発信することは,ブランディングにおいても重要なのだ。
また,街に出て,あるいは出展期間中にちょっとした調べものをしたい時,やはりスマートフォンは欠かせない。好奇心旺盛な者として,おそらく10分に1回程度は使っていたように思う。さすがに2年間使っていたiPhone3GSのバッテリーはヘタリ気味で,一日に1回から2回,追加充電が必要だった。追加充電にはサンヨーのモバイルブースターを利用した。
もう一つ便利だったiPhoneの機能がカメラ機能だ。iPhoneでとった写真は,一般的な他の携帯電話と違い,色調が普通のカメラで撮ったように自然だ。また,カメラと電話とを別々に持ち歩くことは,ことに身軽に動きたい海外では避けたいことの一つだ。iPhoneひとつにしておけば,盗難や紛失のリスクが減るだけでなく,作業の準備や片づけに時間がかからない。実は同行者がカメラを紛失したのだが,携帯とカメラ,財布と,一度にいくつものアイテムに注意をはらうことは,特に疲れが貯まりやすい海外では容易ではない。持ち歩くものを減らすことは,大きな意味がある。

そして次に活躍したのがiPadだ。これは,展示会場で来場者からいただいた情報をもとにその場で検索したり,現地で利用するレストランの検索に役立った。ちなみに,ガイドブックのiPad版を見つけたのであらかじめ購入し,インストールしておいたが,情報量が貧弱で,ほとんど役立たなかった。おそらく次回はよほどのことが無い限り,紙の本をスキャンして取り込んでおく方を選ぶ。
実は今回の旅程中,iPhoneを失った。どうもタクシーで落としたらしく,一時は拾ってくれたらしい方との連絡がついたのだが,結局,受け渡しに指定された場所を見つけることが出来ず,日程の後半はiPhoneなしで過ごした。この時活躍したのがやはりiPadだ。さすがに街中や展示会場で立ちながらノートパソコンを広げたり作業したりするには無理があるが,iPadならなんとかなる。電話についても,skypeとイヤホンマイクを利用することで,最低限のことはできた。ただし,通常の電話にかけるため,急遽,クレジットカードを利用してskypeクレジットをオンラインで購入している。

また,MacBook Airも大活躍だった。今回はポータブルドキュメントスキャナを持参し,現地で集めた情報や名刺などは即座にデータ化するようにした。こうした情報処理にはパソコンは必須だ。iPadではこうはいかない。
加えて,MacBookAirの電池のもちの良さ,軽さも魅力だ。この文章は帰路の飛行機期中で打っているが,バッテリの残量はまだ3時間以上を示している。起きている間使い続けても,無くなることはないだろう(隣席の人たちに迷惑にならないためにも,プライバシーフィルターを利用して最低限の輝度設定からさらに光量を落としている)。今回は会場や街に出かける際,必ず鞄にiPadとMBAを放り込んだ。ホテルでの盗難を心配しなくていいし,この薄さと軽さなら,持ち歩いても苦にならないからだ。ただし,鞄にスタイリッシュな革製のリュックサックタイプを使ったことだけは書き留めておく。ショルダーや持ち歩きタイプだと,疲れたときに重く感じただろう。少し厚めの革なので,背負っていてもカッターで切られて中身を取られるという心配をしなくてもいい。

今後,こうなるといいなと思うのは,iPhoneの海外でのテザリング機能,MacBookAirのストレージ容量の拡大,3機器のバッテリの持ち時間の更なる増大だ。おそらくは,数年のうちにそうした希望はかなえられるだろう。そしてそのときは,iPadはMacBook Airと統合され,財布は国際電子マネーあるいはクレジットカード機能がiPhoneに統合されていることだろう。惜しむらくは,日本企業からこうしたバランスがとれた製品・サービスが登場する気配がないということだ。

2011年5月20日 07:35 全日空009便機内にて

電子書籍リーダーあれこれ

先日,先輩診断士にソニーの電子書籍リーダー,どう?と聞かれ,自分なりに考えてみました。結論から言えば,文庫や新書などの本を読みたいなら,Sony Reader買ってもよさそう。単行本サイズやビジネス書類をpdf化して読みたいなら,いま持っているiPadで我慢して,Kindle DXが日本語対応して1万円台くらいにまで価格が下がるまで,待ち。

私より早くiPhoneを購入されたり,Panasonic Let’s Noteをこよなく愛する新しもの好きのかの先輩診断士先生に,先日研究会でお会いしたときに電子書籍リーダー,どう?と聞かれました。魚野の電子書籍体験は,基本的にiPadやクラウドサービスのdropboxにpdf化した自炊本や書類を放りこんでおいて,iPadやMacBookAirで随時見るという形式でやっています。他のデバイスは,iPadの発売時期やiPad用に自炊用具を揃えたときにいろいろと各種調べましたが,iPadの価格と機能,電池の持ちのバランスにまさると思えるようなもの,クラウドサービスの自由度を超えるものがなく,現在に至っています。

そういうわけで,まだアーリーアダプターのための商品ですよね〜と気軽に答えたのですが,最近震災時に結構Kindleが役立ったという情報をちらほら見かけ,e-inkで300gくらい,価格が1万円台なら買って持ち歩いてもいいかなぁと思ったのですが…。そういう条件をみたすものは文庫や新書サイズ程度の小型のもの (Kindle3やSony Reader)しかない。しかも操作性がiPadに比べてめちゃくちゃに野暮ったく,書籍データの使い回し・取り回しも大きく制限されています。

操作性もデータの取り回しも黎明期だからと目をつぶっても良いのですが,私の場合,やはり外出先で,固めでページあたりの文字数が多い単行本や技術書,論文(法律関係とか,材料工学とか,あちこちの会でもらうA4サイズを基本とした資料とか)を読むことが多いので,画面サイズが8〜9インチくらいないと困ります。この時点でSony Reader,Kindle 3は候補から外れました。

残るはKindle DX。まず値段が3万円以上するということが気になります。電子デバイスは新型がひょこひょこ出ますし,出ると買い換えたくなるでしょうから,消耗品に近い感覚でとらえています。だとすれば,せめて2万円台になってほしい。価格の高さは量産効果やムーアの法則の活用でいずれ解決されるとしても,現時点ではKindle DXは日本語対応が不十分で,表示や取り回しは,いろいろと気を使わなければいけなさそう。Kindle 3では日本語フォントなども備えているので随分扱いが楽になったようですが,DXでは対応していない…。というわけで現時点ではこれも見送りです。

iPadと比べ,日本で正式取り扱いのある商品(携帯電話サービス各社やAndroid採用のもの)がだめだなぁと思うのは,多言語対応です。日本語だけでなく,中国語や英語の本や書類も読む自分としては,表示で二言語のみなんて使いにくいデバイスは買う気になれません。逆にいうと,目によいe-inkのデバイス,多言語対応+9インチくらいの大きさ,自作pdfファイルが読めるなら,多少高くても買ってしまいそうです。

付記

最近仕事での外出にはMacBookAir 11′, iPad, WiMAXアダプタ, iPhone, 時にはこれに加えてプロジェクタのEB-1775wを持ち歩くようになっています。書類を全部電子化しておけば,これだけ持ち歩くだけで,かなり地方のほうの外出先でもほぼ名古屋のオフィスにいるのと同じようなことができるだけでなく,プロジェクタを持っていれば数人の打ち合わせもとてもスムーズ。通信費がもう一段安くなるといいんですがね。