2012/04/19 の魚野のつぶやき

  • 文献を渉猟していて異文化適応力診断テストを発見。やはりあるものですね。-> ICAPS 18:45:02, 2012-04-19
  • 主張のための主張,国内権力闘争の道具のいずれかあるいは両方では。RT @srisri03: 中国ホント不思議な国。こんなリゾート建てる土地わんさかあるのに何故他国の土地欲しいのか? RT @kuono 上海の近郊にできるという新しいホテル。http://t.co/LLtDwixp 20:01:15, 2012-04-19
  • 本日の駅構内読書はアサーション入門。自己点検方法や鍛錬法,支える理論などが新書らしく簡潔にまとまっている。基本的にはできていると思うが,その背景にある考え方を知る事ができた点がよかった。 23:52:05, 2012-04-19

2012/04/11 の魚野のつぶやき

SKE48。最近の展示会ビジネスは求人就職の場ともなっているようです。RT @kazenotobira: え、アイドル(^^;)? RT @kuono 今年は粉体工業展も併催しない代わりにアイドル RT @kuono 中部パック2012 http://t.co/Tbg0Y0C5

posted at 00:53:06

原田さんの勝ち続ける経営読了。市場が縮小している事業では本業に立ち返れという言葉を当てはめるわけにはいかないと思うが、それ以外の点では概ね同意。独自調査で不振の原因をつかんだというくだりではどんな事をしたのかなどが気になる。

posted at 00:56:01

今年も工業経営概論の初回出席受講生は100人を越えた。結構な割合で単位をどうしても取りたいという学生もいる。質問票の処理が大変そうだが,日本が変わると思えばそれもまた楽し。

posted at 15:13:34

「読書メモ」安心社会から信頼社会へ

今回とりあげるのは,安心社会から信頼社会へ―日本型システムの行方 (中公新書)。2010年12月の課題本としてアウトプット勉強会(読書会)で取り上げられ,魚野はファシリテーターをつとめてきました。

会では,個人で仕事をしている場合と,チームで仕事をしている場合とで,信頼社会へのシフトの受け止め方が違っていたのが印象的でした。また,ヘッドライト型,地図型,いずれの知性も必要なのではという意見,安心社会が本当にくずれるのか,この点,課題本の論旨には説得力に欠けるのではといった意見,同じ著者の近著まで読んで検討したという報告,信頼社会に動かす誘因はなんだろうという疑問,日本社会を論じたものか,日本人論だったのかという疑問,来る社会に備えてスキルを磨きたい,あるいは自分のできることをしたいという決意表明など,いろいろと話が出てきました。

以下,うおの個人の読書感想文です。

信頼社会にシフトしていくだろうという論旨には共感。ただし,論拠に説得力あることをもっと書き込むべきだったと思う。論旨展開に対する違和感は,研究費取り扱いの非効率(p.5)に対する説明ですでに感じた。真因は間違いを許さない行政の不必要なまでの緻密さ要求(不寛容)であって,不信ではないのでは(不信が真因なら,とるべき対策は厳格な検査)。ところどころ出てくる実験結果の考察も,相関関係と因果関係を混同しているとまではいわないが,逆と対偶の問題があるのではと思う(具体的な懸念箇所は失念しました)。

信頼社会にシフトしていく動因を書き込むべきだったと思う。うおのが考える要因は,国際化,IT化,少子高齢化,新興国(特に中国)の勃興で,日本が,企業,農林漁業者,政府,個人,など社会のあらゆる面で,意図的,非意図的を問わず,海外とのつながらざるを得ない,故に,海外(*)での標準である信頼社会に移行するのが,日本が生き残るにはベターな選択,というもの。

*中国は安心社会型だという著者の近著の主張がメンバーから紹介されたが,その通りと思う。個人個人の主張は激しいが,企業や同郷といった属する集団とその外部との接し方の違いは,中国が日本と同様,近代的自我ではなく,封建的自我を持っていることを示すと思う(近代的・封建的自我の表現は魚野の勝手な造語。自我の壁が属する集団にまで広がっているのをなんて言うんでしたっけ?)。

近年進められてきた情報公開と手続きの透明性確保は,こうした社会学での成果を取り入れていいたのかと得心。でも,なぜこの二つが社会的不確実性を(今までの集団内での談合よりも)減らすことができるのかということについて論拠が示されていないので,論旨に共感,でも消化不良。

 著者は最後のまとめで,暗黙のうちに,日本やアジアが集団主義という見解をとっているが,この点は個人的には疑問。歴史的には個人主義の時代もあったのではと思うし,武士の倫理は個人主義的では,という意見。十七条憲法の「和」の精神も,集団主義の主張ではなく,動乱期を乗り越えて単に平和国家に移行したかったのではと思う(調べてないので,根拠はありません)。

 読書会での進行は,少し誘導的だった面があったかなと,この自分の意見を書きつつ思いました。

うおの

[読書]これからの「正義」の話をしよう

2010年10月の読書会の課題本はこれからの「正義」の話をしよう――いまを生き延びるための哲学。岡田斗司夫氏を迎えての会だった。結論からいうと,よく整理され,初心者にもわかりやすく構成された本であり,引き込まれるものがある一方で,自由・平等を謳歌している日本社会で育っていると気が付きにくい,国家からの自由,国家への自由といった,つい最近ようやく実現し,かつ,関係の深い近隣の国々ではいまだ模索している大事なことにより踏み込んでほしかったというもどかしさと,価値観が多様化する中で各自の判断基準を曲げられないのだから,コミュニティの合意形成・意思決定のルールや手順を定め,守るしか,対処方法はないのではという疑問について何かしらヒントを得られるかなと思って読んでくと肩透かしを食うという,ものたりなさもあわせ持つ本だ。

●「正義」を考える

日本社会で暮らしていると,「正義」なんて考え,議論する機会は,めったにない。重要なのは,みんながどう感じ,どう考えているかをつかむ,つまり空気を読むことが重要であって,個人個人がどう考えるかは,法学部の学生や司法関係者でもない限り,あまりお目にかからない。旧共通一次世代なので,高校時代は社会科,例えば日本史や世界史,倫理社会の科目でずいぶん級友と,正義とは何か,どう実現するのかといったことを話したが,正面きってそんな話をしたのはせいぜい高校2年までで,あとは,中国留学から帰国した直後,天安門事件が起き,まわりの同級生が真剣に隣国の様子を議論していたのを横目でみていた程度。日本人の知人とそうしたことを話すのは,せいぜい飲み屋での政治談義くらいだったかと思う。本来なら,政治こそこうした論議を必要とする分野なのだろうが。

飲み屋の政治談義やブログ,ツイッター系発言の多くは,事実を踏まえていなかったり,論理の飛躍があったり,感情論だったり。海外に出張したり旅行したりするとちょこちょこそんな話もするのだが,日本ではせいぜい中国系の知人と日中関係を話し込む時くらいしか,社会のあり方,政治の判断基準を論理的に話すことはない。

●充実感と物足りなさと

本の印象は,NHKの「白熱教室」で報じられていた講義と同じく,構成がよく練られているなという印象だ。具体的な事例を引きながら,意見を募る。様々な発言が出てくると,教授が持つフレームワークの中で整理し,その意見を要約したり,別の表現で言い換える。そうすることで,学生,聴講生,読者は,知らず知らずのうちに,そのフレームワークに沿った検討ができる。「白熱教室」では聴講者から,鋭い意見が次々出てくるようにみえるが,これはひとつにはアメリカという主張する文化の国,さらにはハーバードという優秀な学生が集まる場での開催ということもあるが,見逃せないのは,サンデル教授が論点をさりげなく引っ張り出したり暗示しているという芸のうまさだ。この本には,検討が積み重ねられた講義準備の重みが詰まっている。

一方で,東洋社会に所属する者としては物足りなさも覚えた。コミュニタリアニズムがなぜ注目を浴びているのか,なぜコミュニタリアニズムや共通善が自由・平等や人格といったものと同じ土俵で並び立つのか,今ひとつこの本ではわかりにくい。そもそも「幸福・自由・美徳」という論の立て方には,どうしても違和感を覚える。コミュニティ共通の美徳を追い求めようという提案そのものが,多元化し,交錯する価値観の違いを人間集団の中で実現できるかというと,根源的にムリなのではないかと思う。例えば自然に囲まれた隠遁生活について,東洋社会で暮らしている人ならば誰かがそんな生活をし始めたときいて違和感を持つ人がそれほど多いとは思えないが,欧米系の人々となると,理解は得られるだろうが,共感とか,憧憬とまではいきにくいのではないか。

所有権とか,個人・人格,政府対国民といった,境界のはっきりした個人とそれ以外という考えに基づく自由・平等を獲得していった西欧社会を前提とするのではなく,所属集団を人格の一部ととらえがちな東洋社会からの視点や,個人主義を突き詰めた視点,つまり,正義の基準は人によって違うことを認め合わなけれなならない時代,合意できるのはせいぜい,暴力を使わないことと,合意の手順を決めることの二つくらいではないのか。ロールズが提唱した公正としての正義の論は,それに耐えぬく力を持っているように見え,コミュニタリアニズムよりも説得力があるように思える。

[日記]書見台

手持ちの多色JetStreamのインクが切れたので,リフィルを買いに本日は帰途,久屋大通の某雑貨店に立ち寄る。ついでに知人が気にしていた書見台や電気スタンドもじっくり眺めてきた。

自分の中では一台5000円以上するものばかりと思っていたが,プラスチックのものもあるようで,千円台のものもある。いやぁ,やっぱりちゃんと市場調査はしてみるものです。

[読書]お金は銀行に預けるな

発売からはずいぶん日がたってしまったが、勝間和代さんの著作、お金は銀行に預けるな 金融リテラシーの基本と実践 (光文社新書)を読んでみた。

多くの事柄が盛り込まれており、経済成長が鈍化する中で投資という考え方を多くの人に身に着けてもらいたいという著者の熱意が伝わってくるし、その使命感は金持ち父さんシリーズで有名なロバート・キヨサキ氏と共通していると感じる。

かなり多くの事柄を新書という制約の中で書き込んでいるので、ことに金融や投資の初心者は書かれていることすべてが理解できるというわけではないが、専門用語についてごく初歩的な理解や興味をもっている人ならば、次のステップに進む指針を得られるのではないだろうか。

[日誌]討論を通じての知識獲得

参加しているmixiのコミュニティのひとつ、名古屋アウトプット勉強会にはいろんな分科会があるのだが、今日はそのひとつ、経済学部に出席してきた。アメリカの高校生が学ぶ経済学 原理から実践へという本をテキストに、FPさんが導きつつ参加者が討論するというもの。

今回は国際貿易や為替がテーマだったのだが、金本位制がなぜとりやめとなったのかといった単なる雑学以上の知識が求められる内容で、非常に楽しかった。

貿易や為替は実務経験があることから、オブザーバー参加のつもりがついつい説明をしだしてしまったが、FP(金融の専門家)から見た見方と診断士(経営の専門家)から見た見方とでは違いも見られるのだなぁと実感した。具体的には通貨の統合は進めるべきか否かといった点で意見が異なった。

この研究会を母体に、2月末には上海にいくとのことで、早速参加表明。JETRO上海や金融街の訪問など、楽しみである。

[読書]第8の習慣

mixiのコミュニティ、名古屋アウトプット勉強会の今月の課題本は第8の習慣 「効果」から「偉大」へであった。いわゆる自己啓発本で、私の中では成功本とでもいうべき分類の本である。

同じ著者の「7つの習慣―成功には原則があった!
」という本もよく売れており、分厚さにもめげず、目を通してみた。7つの習慣とは異なった軸を追加するとのことで、内なるヴォイスに耳を傾け、これを信じて進めということになろうかと思うが、キリスト教の発想を知らない一般的な日本人にとっては、ともかく信じてやってみるという人以外には少しわかりにくいだろうなという印象を持った。

当日の参加者には学生や社会人1年生といった20代の若者が多く参加していたため、あなたにとってヴォイスとは何か、あなたのヴォイスは何かと問うてみた。ミッションと理解している人が多かったが、加えて、良心ととらえる人もおり、進むべき道を社会全体が模索している中、自分自身のヴォイスが何か、まだわからないという人も多かった。

捜し求めながら挑戦することによって目指すべき道がはっきりわかるという実感を持っているので、若い人にはちょっとこくな質問かなという気もしたが、こうして真剣に考える姿を見ると、とても頼もしいものだと思う。

[読書]なぜ弁護士はウラを即座に見抜けるのか

企業の破産や再建を多く手がけたベテラン弁護士の手記。昨日、帰りがけに本屋に立ち寄り、購入した。薄めの本だからと就寝前に読み始めて2時間弱で読了、わくわくさせられた。現場や現物を重視する姿勢、経営者側の立場で臨みながら、従業員を大切にする気概に、なるほどこういった支援の仕方もあるのだなと思わされる。診断士も、業務によっては危篤状態の企業や、再起を図る企業にかかわることがあるが、筆者と同じように新しい発想、人を守るという発想を持ち続けたい。ちょこちょこ専門用語が出てくるので、企業会計や法律の勉強をしたことのない人には、多少ひっかかる部分があるかも。

なぜ弁護士はウラを即座に見抜けるのか? (リュウ・ブックス アステ新書)

[日記]大暴落1929

先日読書会という名の勉強会に出席,ファシリテータを担当してきた。課題本はガルブレイズの大暴落1929。あいもかわらず参加者が多彩であったが,担当グループでは経済に興味を持って自ら投資を行ったりする人と,日頃は興味がなかったが課題本にとりあげられたのを機会に挑戦してみたというニ派にわかれた。

本書の内容そのものは第二次大戦直前の大恐慌の進行を振り返るもので、今まさに進行している金融危機に端を発した景気悪化に似た内容の記述を随処で見かける。国内政治が機能不全に陥るなか,折しも国際機関が世界経済が日本の失われた10年と同様の状態に陥る可能性があるとの警告を発した。

悪化が懸念される中,本書から教訓を引き出せる人も多いだろう。