[日誌]全員合格

教え子たちが先月受験した販売士三級に全員無事合格したとのこと。受け持った全員が受かったのは,これで2回目。うれしいものです。

これまで全員合格から全員受験せずまでいろいろありましたが,結局は指導する側ではなく,本人たちがいかにやる気をもって挑戦してくれるかにかかっています。こちらとしては興味をもってもらったり,自信をつけてもらったりすることを,数少ない授業時間を通じて働きかけるのみ。

[日誌]帰国

上海から帰国しました。今回は中国の法律の本を鞄いっぱい買い込んできました。中国語の勉強もかねて,読み進めています。

現地では街を歩き回ってばかりいて,靴底がずいぶんすり減ったような気がします。極力階段を使うようにしましたが,日頃の自転車のりまわしや階段通勤の成果を発揮でき,足が痛くなった以外はそれほど身体に故障はありませんでした。靴の方は明日,買い換えをしなくては。

写真もそこそこ撮りましたので,今後いくつか掲載しようと思っています。

上海万博海上予定地近くの橋から上海の街を見る
上海万博海上予定地近くの橋から上海の街を見る
上海万博海上予定地
上海万博海上予定地
上海黄浦江のほとり
上海黄浦江のほとり
電子体重計による体重測定屋さん 於上海
電子体重計による体重測定屋さん 於上海
200902 東方明珠電視塔
200902 東方明珠電視塔

[日誌]研修・実習

ここのところ,裏表から研修に関わっている。表というのは指導する立場としてのかかわり,裏というのは研修を受ける側としてのかかわり。

指導の立場のほうは,いろいろと守秘義務があったり現在進行形の話であるのでちょっと書きづらい。とはいえ,そこで出会った人たちは,企業も研修生も前向きに明るく取り組んでいただいており,この厳しい経済環境の中,うれしい限りである。

研修を受ける立場としては,診断士の更新研修のこと。1年に一回をめどに,診断士資格の維持のために政策や理論の研修を受けなければならないのだが,今年度は論文審査を受けることにし,昨晩,課題を提出した。つい先日訪問した診断先企業の前向きの取り組み事例が問われていた事柄にぴったりだったので,ちょっとだけ触れてみた。

昨日はそれに加えて指導している専門学校生の卒業制作発表会を見学。バレンタインのチョコレートとか,クラスの写真とか,思わぬプレゼントをたくさんもらい,ひとりひとりと写真も撮って,娘ぐらいの年齢の学生たちとつかの間の時間を楽しむ。

2008年度は,経済は厳しい状況になり,社会もなんとなく緊張した雰囲気が強まってきたように思う。そんななかで,関わっている先の人たちは,明るかったり,前向きだったり,こちらもうれしくなるようなことが多かった。

学校での学び,研修での学びが,そうやすやすと実社会で通用するわけではない。だが,そういう機会に,授業だから,研修だからとなめてかかったりせず,誠実にとりくむことが,確実な成長につながる。指導する側としてあらためてそう思わせられる2009年2月上旬の一連の出来事を経験できたことに感謝したい。

[読書]第8の習慣

mixiのコミュニティ、名古屋アウトプット勉強会の今月の課題本は第8の習慣 「効果」から「偉大」へであった。いわゆる自己啓発本で、私の中では成功本とでもいうべき分類の本である。

同じ著者の「7つの習慣―成功には原則があった!
」という本もよく売れており、分厚さにもめげず、目を通してみた。7つの習慣とは異なった軸を追加するとのことで、内なるヴォイスに耳を傾け、これを信じて進めということになろうかと思うが、キリスト教の発想を知らない一般的な日本人にとっては、ともかく信じてやってみるという人以外には少しわかりにくいだろうなという印象を持った。

当日の参加者には学生や社会人1年生といった20代の若者が多く参加していたため、あなたにとってヴォイスとは何か、あなたのヴォイスは何かと問うてみた。ミッションと理解している人が多かったが、加えて、良心ととらえる人もおり、進むべき道を社会全体が模索している中、自分自身のヴォイスが何か、まだわからないという人も多かった。

捜し求めながら挑戦することによって目指すべき道がはっきりわかるという実感を持っているので、若い人にはちょっとこくな質問かなという気もしたが、こうして真剣に考える姿を見ると、とても頼もしいものだと思う。

[日誌]久しぶりに研究会に出席

診断士仲間の研究会,愛知・食の安全研究会に出席,来年度の活動の打ち合わせ。

その中でISO22000の審査員資格講習を受講しよう,中国の農業の現状を視察しようとの話がでて盛り上がる。診断士らしい仕事をするための材料仕入としては重要なので,参加しようと思っている。

活動予定の話し合いがもりあがり過ぎたため,予定していたプレゼンテーションは資料提供に変更したが,結構手応えがあり,次回会合に再度詳しく話すことに。

診断士仲間の会合はやりとりが身のある内容で,参加しがいがある。独立診断士の他に会社員や銀行員の診断士仲間も出席しており,議論がちゃんと対話になるのがうれしいところ。

診断士一次試験終わる

昨日で二日にわたった中小企業診断士一次試験が終わりました。一年の最も暑い季節に試験が行われ,体調管理も難しい中,受験生の皆さん,関係者の皆さん,お疲れさまでした。

予備校からぽつぽつ解答速報が流れていますが,いくつか見解が分かれた問題もあるようです。それだけ,難しいところもあったのでしょう。

過去のブログを整理していて,自分の受験時代を少し思い出しています。一次試験は今と違って全科目一回で受からなければならなかったのですが,私の場合,経済学や中小企業政策はまさに一夜漬けで受ける科目の典型でした。経済学は模試であまりにできが悪かったので,基本書を使って徹底的に勉強しました。こんな仕方で割り切って勉強したのは,一次試験は不得意科目で足切りにあわない程度に,基本項目さえ抑えておけばよいと思ったからです。

今回の本試験,すでに解答は提出されていますから,あれこれ悩んでも結果は変わりません。解答速報や模範解答を基に合否予想をし,早めに次の一番良いと思われるステップに移っていきましょう。

あてが外れたかなぁ

先月,試験をやたら受験していたということは既に記載したが,その一つは昨年にも受けており,引き続いての受験。先ほど,その連続受験した試験の今年の結果を入手した。

主催者や母集団が違ったりするので直接比べることはできないのだが,昨年は偏差値60.8,つまり上位14%の中にいたのに対し,今年は偏差値57.8, つまり自分より上位の人たちは全体の2割2分。全体での位置はかなり下がったというべきか。不思議なのは,一番できなかったと思った科目がもっとも成績が よく,割と手応えがあった科目はそこそこだったこと。

TOEICでは順調に成績を伸ばせたのでちょっと安心していたが,まだまだやっぱり気を抜かずに学んでいかなければと思う。

さて,次の試験は診断士の理論更新研修の論文試験かな。

7月になりました

先ほど,某企業の診断報告を書き上げ,ほっと一息つきました。企業としてはこれから,診断結果をもとに実際に動き出し,成果につなげていくところが本番です。ぜひともよい方向に向かってほしいところです。

小さなベランダにプランターをおいて,ハーブ系の野菜やトマト,朝顔を楽しんでいます。まだ梅雨時なので,日差しを遮って室内温度を下げるというもくろみ はまだ生かされていませんし,植えた時期が今年は遅めだったせいか,朝顔もぽつぽつと咲き始めた程度で十分葉が茂っていませんが,あと二週間もすれば目の 保養だけでなく,電力の節約にも一役買ってくれることでしょう。

景気の波も,季節の移り変わりと同じく,繰り返しやってきます。多少思惑とはタイミングがずれても,必ず。あらかじめ準備をしておけば費用も少なくて済むし,かけた費用から得られるリターンをできるだけ大きくする工夫も楽しめます。

でもそうした予測や備えをするためには,経済や植物といった,自分の本来の活動分野とはちょっと違った知識が必要。そんなことにかまっていられない,本業で儲けたお金で解決すればいいんだという発想もありましょうが,環境問題とか,不景気とか,自分の力だけでは対処しきれない環境の変化による制約もありま すので,普段のこころがけのほうが中長期的に見れば有利なようです。

さて,2008年もあと6ヶ月あまり。2010年にどんな自分,どんな自社,どんな家族でいるかを意識しながら,今日一日,今週一週間,今月ひと月分,残りの四半期の計画をたてていきましょうか。

5年後,10年後の自分の姿を描いていますか?

進むべき道に迷ったり悩んでいたりする人に,いつも問いかけます。5年後,あるいは10年後,あなたは誰と,どこで,何を,しているんでしょうねと。全く 思い描けていなかったり,計画はあっても自信が持てなかったりという人も居ます。生きていくということは,様々な困難と相対する事でもあります。今日や明 日の事でおもいわずらっていると,5年後,10年後なんて想像もできないですよね。

でも,目標無しに人生を歩んでいくとき,振り返って満足できる生き方ができたなんて偶然は万に一つもありません。生きていればいいこともわるいことも,う れしいことも,つらいこともある。でも,その場の感情や情報だけで行く方角を決めていたとしたら,目指すべき場所にたどりつくことは難しいでしょう。

環境が変わるから,先の事を決めたってしょうがないという人もいます。確かに,5年前,10年前の自分を振り返って,今日の自分を想像できていただろうか と思うと,当時願っていた事が今は大した事じゃないと思えたり,早々に実現してしまっていたりで,ぴったりと想像した着地点,コースにいるとはとてもいえ ません。

しかし,だからこそ,目指す方向とその手段を決めるべきなのです。どんどん自分が成長したり,まわりの環境が変化してくる。そうしたら,その場,その場で 少しづつ,方向と手段を変更する。それでいいんじゃないでしょうか。やれるべきことをやりつくすことが,満足につながります。結果は,その努力の報酬の一 つに過ぎません(事業活動の場合は,結果も重視していかなければなりませんけどね!)。

mixi のコミュニティ,名古屋アウトプット勉強会のメンバーといっしょに,個人のキャリア戦略を研究する会を開きます。第1回は5/7(水)18:30から,名 古屋駅近くのキャッスルプラザホテルにて。参加は自由です(喫茶コーナで行いますので,飲み物代は自己負担)。自分の棚卸しをし,誰かと対話する事で新し いアイディアが生まれてくる。そんなわくわくできる体験をしていきましょう。飛び込み参加,どなたさまも歓迎です。

今年も一年ありがとうございました

いろいろあった2007年も今日一日でおしまいです。

2007年の出来事を書き出してみました。

●01月 訪中…教え子の招きで,中国は広東省へ。懐かしや。
●02月 裁判…同級生が争っている民事裁判を傍聴,初体験。
●03月 式辞…恒例,卒業式・卒園式で式辞。皆,幸多かれ。
●04月 来日…温首相来日。隣の国同士,仲良くしたいもの。
●05月 労働…連休中,園の木の床をひたすら磨く。疲れた。
●06月 渡米…久しぶりに米国に行ってきた。要英語再学習。
●07月 講演…アジアの人達を相手に食品の品質管理をお話。
●08月 構築…VPNを使ってどこでもオフィス状態が可能に。
●09月 辞任…安倍首相の突然の辞任。あきれた。ともかく。
●10月 有用…Leopard発売開始と同時に購入。超便利です。
●11月 敗訴…前述の民事訴訟敗訴。励ましつつ協力を約す。
●12月 挑戦…ある試験に受からなかった。来年再挑戦する。

●感謝…妹が,こちらが思っていた以上に自分を信頼してくれ
ていた。ありがとう。これからも互いに支え合おう。
●教訓…関わっている組織が重い意思決定。人をゆるすとは
こういうことかという体験も。成長させられたかな。
●幸運…新たに参加した勉強会で,いろんな出会いがあった。
今後の人生を変えるような感触。わくわくしている。
●宣言…老師の都合で中断した中国語の勉強会,やはり何か
の形で勉強は続けたい。資格取得を目標に頑張るぞ。