12th Nagoya Profession English Book Club was held

In 4th June, Wednesday afternoon, the 12th Nagoya Profession English Bookclub was held in Nagoya.

This time, we discussed under the theme of Abenomics evaluation.

In the first half of the program, we read and talked about in each paragraph of the article the moderator specified, ‘Hope in Japan That Shinzo Abe’s “Abenomics” May Be a Cure’ ( http://www.nytimes.com/2013/05/21/world/asia/hope-in-japan-that-abenomics-may-be-turning-things-around.html?pagewanted=all&_r=0 ) issued in NYTimes website.

In addition, in the second half, while citing impact of Abenomics, we continue talking to organize our opinion in so-called pro / con format.

Many comments were presented and finally, we found variety of viewpoints were included, such as the point of view of people’s lives and perspectives of government-run. Of course we know it is not well organized, but running out of time, it was with the results of as shown in the photograph.

Thank you, Mr Yusei Yamazaki and Mr Masahiro Kunishima, for attending the anniversary meeting.

Well, I found that there are differences between actual programme and the original schedule we planned in march. So we have to adjust date and moderator for the next meeting. I will ask you in several days for the next date after asking Mr Toru Oda for his participation as a moderator for the next meeting.

Thank you.

Kentaro Uono
Representative
Nagoya Profession English Book Club

[日記]単語カードをつくるかな

来週の日曜日,少し中国語を使う様なことになりそう。教会に関係する方がつれてくるとのことで,教会関係の英語と中国語の語彙をこの機会に増やすべく,今週は単語カードを作ることに。

試験三昧

6月は試験三昧。TOEICやら実用中国語検定やら,黙々と仕事をこなしつつ,とにかく週末になると試験を受けていた。

いくつか受けた試験の中で一番印象に残っているのは、同時受験者3名という試験。そんな人数で試験が成り立つのかな、これからもつづくのかなと余計な心配 をしてみたり。もっともこの試験は,事前に考えていたほど簡単ではなかったので,そんなことにかまわずもう少し精進しなければならないのだけれど。

また別の試験は、後日、指導していた学生も受験していたことが講義後の雑談で判明。受験会場も同じだった。専門外の分野の試験なので学生と成績を比較する のに何も臆することはないのだが、結果が出るのがなんとなく楽しみでありつつもちょっとどきどきするのは,やはり学生と講師という立場の違いを意識しすぎ だろうか。

趣味でやっている元同級生の裁判支援、ただいま控訴審の準備書面を書き上げる手助けを行っている。普段の大学の講義では知識の多寡もよりも説得力が鍵に なっているよと学生を指導しているが、そういう机上の信念・論議が準備書面をいかに説得力あるものに仕上げるかという実戦で試されている。

もうしばらくすると,こんどは試験問題をつくる作業、試験監督業務が入ってくる。当面、試験からは縁が切れそうにない。

【追記】
今朝、もしやと思い調べてみたら、すでに TOEIC は結果がオンライン上で発表されていた。結果は前回と総合評価でのランクは同じだが、スコアはややアップ。前回からはほぼ6年経過しているが、その間の英 語に関わる自分の仕事での姿を振り返ってみると,意思疎通は問題ないが時々文法間違いが見られるなどという TOEIC によるBランクの説明はまさにその通りである。TOEIC 侮り難し。

ちなみに初回の受験は会社に入社したての1991年,前回・2回目の受験は診断士の二次試験を受ける前後の2002年10月。初回受験時のスコアは700 点を少し切るぐらいだったと記憶しているので,二期連続得点アップではあるけれど,今回の伸びは前回よりは鈍ってしまった。11年と6年という期間の長さ の違いの他に,一期目の会社員時代は中国語,英語、イタリア語をまんべんなく使う機会が多くていずれも鍛錬の機会があったのに対し、二期目はどちらかとい うと意識的に中国語に力を入れてきたということも影響しているのだろう。

ともかく今回の目標だった800点越えは達成できた。あと少しでランクA(非ネイティブとしては流暢に英語が使えるレベル)になれるので,次回目標はそこ かな。基本方針はイタリア語のレベル維持、中国語と英語は引き続き非ネイティブとしては最高レベルを目指して,日々実践。

【さらに追記】
昨日,郵便物でも結果が送付された。計測項目別の成績が出ていたが、読解は語彙以外はほぼ上位10%以内。これは確かに思い当たることがある。高校時代に 受験勉強をするのはいやだと,授業と,英語の雑誌を読むのに必要な単語以外は特に暗記しようとはしなかった—おかげで,英語は赤点をもらったこともあ る—のだが,あの時,クラスの仲間たちは結構英単語帳をつくったりしていた。

ま,これからやればいいだけのこと。弱点がはっきりしたので,取り組みやすそう。 2008/06/23

大学院に縁はなかったが

晴。風が強い

引き続き,組織開発の本の翻訳

社内報は見つからなかったが,確か評価内容に大学院云々という文言があったなぁとTOEICの公式サイトや送られてきた資料を見たところ,レベルB(730-860)がそれに相当するようだ。となると,おそらく前回もレベルBだったんだろう。

朝起きて今日は晴れかと思っていたら,午後には嵐のような天候になった。

運転免許更新

やや早いが,免許証更新をしてきた。

そういえばMiniのヒーターがまた効かなくなっていたわいと,帰途ラジエータ液を購入。補充してエンジンを回すとホースの接続金具あたりから染み出しが 見られる。原因はこれかな?

ついでにエンジンオイルのレベルを点検したところ,下限をかなり下回っていたのでこれも補充。業者に電話し,日曜日にオイル交 換・オイルフィルター交換がてら見てもらうことにする。そろそろ10年。いつまで乗れるかな?

あれ?前回のTOEICの点数を,630点と書いたなぁ。うーん,よく憶えていないということか。社内報を探さなければ…

TOEICの結果届く

先日受験したTOEICの 結果が届く。790/87.9。前回(1991年)は確か760点くらいだったと思うので,それほど変わっていないとうことになる。もう英語を仕事で使わ なくなって5年以上経っているので,下がっていなかっただけでもよかったかな。中国語検定の時と同じくリスニングはほぼ満点に近いがリーディングがそれに 比べてずいぶん低い(450/340)。リーディングで解き残しを10問以上作ってのこの点数なので,少し努力すればもっと上を狙えるかも。次回は860 点を目指そう!

自動車免許の更新をしてくる予定だったのだが,講習開始時刻の関係で明日に順延。

乗馬にいけない

晴れ時々曇り時々雨

午前中論文精読。要旨の書き下し。2時間のやっつけ仕事。

午後,大学にて論文解説。L君,私が身元保証人になっているL君の友人の二人を相手に,人間社会に共生するヒューマノイド型ロボット開発の課題に関する研究論文の内容を中国語と日本語をまじえて説く。何度でも繰り返すが,日本人研究者が書く「論文」は散文といったほうがいいくらいに論旨がとりにくいことが 多い。学者の考える力ってこんな程度?

ノートパソコンをL君に引き渡し。

自宅で夕食を自炊。食べた後すぐに眠くなり,横になる。体力が落ちているときの典型的な現象なのだが,身体を動かすことが億劫。こどもたちと走り回るのは 何でもないのだけれど,ジョギングなど始める気になれぬ。会費を払い続けているので乗馬にも行きたいのだが,なかなか時間がとれない。

日本語は難しい?

曇り時々雨

引き続き組織開発の本の翻訳。

午前中からL君のノートパソコンのOS入れ換え作業。アップデートでおこなったのだが,どうも挙動がおかしい。やはりレジストリやらディレクトリがぐちゃ ぐちゃになっているのが悪さしているようだ。思いきってディスクをフォーマットし,さらにしてWindowz2Kを導入。やっと安定。

そのL君から,友人の留学生が要約を口頭発表するのに意味が判らず困っているとのことで情報科学の論文の解釈について助言を請われる。日本人が日本語で書 いたものだが,一瞥したところ,ロジック展開がめちゃくちゃ+専門用語の使いすぎで,文意が非常に分かりにくい(いや,文意など無いのかもしれない)。こ れは留学生でなくても大変だろう。論文の筆者に「理科系の作文技術」を読ませてやりたい。明日午後にでも再挑戦。

TOEIC受験

本日TOEIC受験。終了時間を勘違いしていたため,最後の10問に取り組めなかった。これは前回の得点には到底およびもつかないかも。発表は約2週間後。

帰宅後,職務経歴書作成。