平和教育とディベート能力

早めの仕事納めののち,知人の紹介で,数年前に独立された元某メーカー生産技術の技術者さんにお会いし,話を伺ってきた。中国にからんだビジネスに関心があるとのことで,特に日本の技術を活かしたい中国企業と日本の企業のマッチングに興味があるとのこと。今すぐどうこうというわけではないが,そんなニーズを持ちそうな企業も知らぬわけではなし,また,今の仕事から次のステージに移るときにも何かしら協力できるのかも。

で,その後,仲介してくれた中国人留学生といつものように中国語と日本語をまぜこぜにした討論会兼食事会。

  • [留学生] 日本社会が集団主義であることから,社会全体が特定の方向にながされやすい傾向があるという感触を持っており,隣国に対する嫌悪感を募らせる危険があるのでは。
  • [魚野 ] 日本の学校教育での平和教育や報道などでの平和重視の姿勢が徹底している現状,第二次世界大戦の記憶が未だ色濃く人々に残っている現状では,戦争という極限状態にまで至る可能性は低いと思う。
  • [留学生] 日本の学校教育では平和教育が普及しているのは承知しているが,残虐さ,悲惨さを避けるために戦争という手段をとるべきでないという論旨は感情論である。一方で,戦争は利害調整の究極の形であり,戦争を避ける手段として,人々が利害調整を話し合いで行うスキルを見につけることが望ましいが,日本ではそのような教育は行われていないのでは。
  • [魚野 ] 戦争とは利害調整の手段だという捉え方だと,戦争を考える上で,大きな利益のために小さな利益は捨てるべきという考えに行き着く可能性があり,それは平等や平和という観点から好ましくないのでは。
  • [魚野 ] また,話し合いによる調整の教育は,主にホームルーム活動という場で行われており,重視されているはず。ただし,日本では社会に出るといきなり上下関係で人間関係や仕事の上での思考を捉えるよう強制的に切り替えさせられ,合理的な意見を採用する(Win-Winの関係を築く)という解決方法がとられない傾向が非常に強かった。従い,ビジネスパーソンや官僚,学者などをのぞき,一般の人々にはディベートの能力の訓練の機会がほとんどなかった。
  • [留学生] ホームルーム活動というのは初めて知った。今後,調べてみたい。

といったような塩梅で,金山駅近くの食堂でラーメンを食べながら延々と議論をしておりました。

平和構築には人々のディベート能力が大切という指摘は,自分にとっては新鮮でした。

マハトマ・ガンディーの説く7つの社会的罪

7つの社会的罪 Seven Social Sins

1)理念なき政治 Politics without Principles
2)労働なき富裕 Wealth without Work
3)良心なき快楽 Pleasure without Conscience
4)品格なき学識 Knowledge without Character
5)道徳なき商売 Commerece without Morality
6)人性なき科学 Science without Humanity
7)献身なき宗教 Worship without Sacrifice

ガンジーの碑文より

(二回目)

日本人は自信を失っているようです。近年は国や国民に対する自虐的・ 無力感あふれる自己評価を度々見聞きしますが,これがイタリアだとそうではないなという実感があります。尤も,自信を持たせようという国内の言論リーダ (?)の論調はことに歴史認識に論点を絞りがちで,出発点の事実認定に胡散臭いものを感じるのか,大勢の同意を得られていないですね。

現時点で経済力も文化もそれほど自虐的になる必要はないくらいの蓄積が日本にはありますから,要はどれだけ人々が自信を取り戻せるか+内外から見て理解され得る仕組みを整えうるかという2つがリーダたる人たちの課題ではないでしょうか。

私なりの意見としては,道は2つ,キリスト教文化圏に見られる個のアイデンティティの確立という道,あるいはアイデンティティの融合するコミュニティの再生。

どうも公私混同・個の境界をやたら広げる政界人・官界人・財界人・市民を見ていると,後者はかなわんなぁ,でもこれを改革するのは大変だなぁと感じます。ことにアイデンティティが個人以上に広がっている現状を変えるのは,仏教や神道の考えに根ざす文化を持つ日本ではやってしまっていいのか,不安になることもあります。これからは自己責任の時代だと喧伝するのはよいですが,地域コミュニティも職場コミュニティも崩壊しているのに,それを再生したり代替手段を用意したりせぬままに個人に責任をおっかぶせるには,あまりに日本人のアイデンティティは一般的に無垢・無防備・無知ではないかと。

まぁ時代は前者に向かっているようですが,心の支えに適当な候補が今は見失われていて,このままつきすすんでいくのは前述のとおり危険だという気がしています。これを,カウンセリングマインドを持つ人たちの 一般化という形で支えるのか,あるいは新しい宗教心が役割を担うのか,はたまた個々人が自己満足を得られる有象無象な対象の発見を援助する形で実現するのか… 今だ混沌としていますね。

こういったことを,誰が変えるのか,どういう形に変えるのか。あるいはこのまま衰退を黙って見つめてゆくのか。大変興味のあるとこ ろです。

ボランティアのネットワークや,ネット社会に関わっていて,傍観者を決め込まないで自ら責任を持って道を切り開いてゆこうとする人たちがいるのを知ると,日本および日本人はそんなに捨てたものではないな,という思いがしてますが。

曇りのち雪

午前中,冷たい雨が降っていたが,午後から降雪。

資材不良原因による品質事故に,ここ3日間振り回されている。

不眠症,依然続く。

夜,NHKラジオ第二放送 で,倫理の番組。サルトルやニーチェのことが出てくる。1年程前,大阪の知人とのメールのやり取りがきっかけで,サルトルの本を読んでみたことを懐かしく思い出す。この知人はいまどき珍しく邦楽を習っていたとかで,ラジオ深夜便などで小唄・端唄の類いが放送されると,この知人のことが思い出される。

思い出すといえば整体師のアルバイトをしている筈の知人とのやりとりが,ここのところ途切れている。どうしているだろうか。

岐阜の留学生の知人は,毎晩家族と電話で話をしているとか。10年前には考えられないほど中国は豊かになったようだ。

唯識のこと

以前にも書いたことがあるのですが、仏教思想のひとつ、唯識というものに興味を持っています。唯識というのは,いわば仏教流無意識領域の構造理解ととらえましたが,如何に。

本日10:00,MacOS9入手!

する予定(^^)。導入報告は夜にでも。

●Language KitがMacOS9に付属
今まで別売りだったChinese Language Kitなど各種言語のサポート機能がMacOS9からは標準添付されるようになりました!!

●バルトを学ぶ
K嬢に触発されて先週はサルトルを一生懸命読んでいましたが,今週はバルトです。神の言葉の神学,いったいどんなものなのか,昔から興味はあったんですが,著作を読みこなすことができませんでした。今回は清水書院の人と思想シリーズから読み始めています。

●本日大阪へ
出かけます。

●昨日の出来事
一昨日に引き続き,風邪で休んでいたのですが,金曜日だということをすっかり忘れていました。勤め先にも連絡とらず(–;;;

さて,続きは夜にでも。