タバコ

東京に来るにあたってよく利用するN700系新幹線,喫煙車両がないことや電源コンセントが多いのが売りで,私もよくこの車両を使う列車を指定して利用する。閉鎖された空間で逃げ場のない所へ,たとえ距離が離れていてもタバコをすわれると,とても気分が悪いからだ。禁煙車でありながら車両全体がタバコ臭い近鉄特急の一部の車両と比べると,安心して使える。と思っていた。

ところが,N700には喫煙室なるものがある。どうやらここからの排気が,ダクトを通じて客室に流れてくることがわかった。明らかに室内換気用の吹き出し口からにおいがやってくる。不快なことこの上ない。

今日乗っていた車両は当然禁煙車なのだが,喫煙室に近いらしく,横浜付近で妙なにおいがすると思ったら,これがタバコのにおいだった。近くに座っていた別のお客も急に咳き込みだし,タバコの微粒子が刺激をしたらしい。

まさか喫煙室の空気をそのまま別の車両の室内に導入するようなおかしな設計にはなっていないと思うが,一旦車両の外に排気されたタバコの煙の濃度の高い空気が,新幹線の速度が減速したことで,別の車両の換気扇の吸気口に吸い込まれたのではないかと推測している。これからは,喫煙室の場所も気にしながら,席を指定しないといけない。

もう一つ。

前泊のため泊まった蒲田のホテル,禁煙室なのにきわめてタバコ臭い。まるで近鉄特急のなんちゃって禁煙車両のよう。

困ったものです。

前の記事

[日誌]本日の予定

次の記事

[日誌]本日の予定