小規模事業者さんにとっての6次産業化認定〜2016年度版

2011年から本格的に始まった,国による6次産業化推進政策,ここに来てやや変化が見られます。魚野は小規模事業者さんの支援担当が多いのですが,あらためて,小規模な農林水産事業者さんが国の6次産業化事業の認定をとることのメリット・デメリットを考えてみました。

メリット

  • 外部に相談者ができる…実際認定をとってみて一番良かったと言われるメリットです。愛知県は,いろいろな背景を持った6次産業化プランナー(例えば小売バイヤー・店長担当者,レストラン経営者,食品メーカー営業,同品質管理)がおり,互いに情報交換や事業者さんが抱える課題解決の相談を行っており,実践的な支援ができていると自負しています。商標をとりたい,加工業者を探したい,輸出したい,商品デザインを検討したい,ウェブサイトを作りたい,店舗を改装したい,などなど,いろんな課題を一緒に考えます。
  • 商談会や展示会の情報がよく入ってくるようになる…県や国が関わる商談会・展示会の情報を,役所からもサポートセンターからもプランナーからもお送りしています。地産地消・輸出関係の会が定期的に開催されており,うまく活用されている事業者さんは,どんどん販路を広げられています。

かつては認定をとることで補助金の補助割合がかなり高かった(ソフト2/3,ハード1/2)のですが,今は後述のような状態であり,個人的には補助金を受けるという目的のために認定をとることは,特に小規模事業者さんにとってはまったく必要ないと思います。

デメリット

  • 事務の手間が大変…申請書づくりや,認定期間中・後の定期報告の手間がかかります。魚野の場合,申請書づくりは1回2時間くらいの事業者さんとの打ち合わせを7-8回はします。1週間に1回としても2ヶ月。また,認定事業者は毎年,経営状況の報告をしなければなりません。また,補助金を受けた場合,四半期ごとの報告になります。
  • 会計データをそろえる…これは,経営をしっかりやるという意味では個人的にはメリットだと思いますが,それはともかく。今までは会計がどんぶり勘定でも認定を受けることが無理ということはなかったのですが,だんだん審査が厳しくなり(行政の政策に関わる認定は大抵そうなのですが),既存の経営の数値を元に経営計画をたてるというアタリマエのことをすることが求められます。どの取引先に,どんな商品を,どれだけ売っているか,具体的に答えられることが必要です。

6次産業化の事業認定制度と補助金:変わったこと・変わっていないこと

6次産業化の事業認定の要件骨子,つまり農林水産事業者が,自ら栽培・採取した農林水産物を活用し,新たな商品の生産や販売,新たな提供方法を実施することで,農林水産業の経営を改善する事業計画,これは基本的に変わっていません。

ただし,当初は国の出先機関が直接,各都道府県のサポートセンターとやりとりして事業を進めていましたが,ここ二年間は,国の予算を各都道府県が受け取り,この予算でサポートセンターが活動するという内容に変わりました。これにともない,補助金の使用予定を夏に各都道府県が要望調査,国に伝え,都道府県・国とも翌年度の予算取りをおこない,翌年度の国の予算成立,都道府県への国の予算の交付,事業者からの補助事業の採択申請,採択決定,交付申請,交付決定,事業推進,事業完了報告と支払い申請,完了検査,支払といった段取りになりました。

それまでは,要望調査から実際に補助金を受け取るまで,9ヶ月くらいということで,場合によっては施行が間に合うか心配ということもあったのですが,都道府県に主体が移されてからは,事業計画は要望調査が始まる前の段階(遅くとも夏)には受けて置かなければだめということで,事業計画立案段階で約2年先の計画を盛り込んで置かなければなりません。要望調査の段階ではハードなら,使用する機械・設備の選定理由(どうしてその機械・仕様でなければならないかを数値データを元に具体的に)説明しなければなりません。

2016年度の6次産業化認定事業者さん向けの補助金がどうなるか

従来は認定事業者に対する補助率がそうでない事業者に対して有利となっており,政策的に事業者を誘導していた感がありましたが,来年度(2016年度)は,農林水産省の6次産業化に関する予算等のページに掲載されている「平成28年度6次産業化支援対策の予算概算決定の概要」によれば,以下のとおりです。

  • ソフト事業(商品開発・販路開拓)農林水産業者が対象(事業認定にかぎらず),交付率1/3以内,市町村戦略に基づく取り組みは1/2以内
  • ハード事業(生産設備整備,加工機械・施設整備,販売施設整備等)事業認定を受けた農林水産業者団体(法人の認定事業者:魚野注)交付率1/10以内,上限1億円(ただし,事業費の3/10,融資額,事業費ー融資額ー地方公共団体等による助成額のうち一番低い額の範囲内)

結論的には

というわけで,ハード補助をねらうなら認定必須ですが,小規模事業者さんがハードをねらうことはおすすめしません(まずは経営体力をつけることが大切。売上,利益率をしっかり確保しましょう)。ソフトについても,今からすぐ事業認定申請に着手しても,実際に補助金が使えるのは2019年度です(補正予算がついて2018年度の途中で募集がかかる可能性というのもあるかもしれませんが…)。それよりは,持続化補助金や都道府県・市町村単位でやっていらっしゃる新商品開発や展示会・商談会参加,知的財産取得関係の補助金を活用したほうが,事務手続きも楽で,機動的に活用できます。

小規模事業者さんが6次産業化の事業認定を目指すべき本当の理由

ただし,外部に相談できるというメリットは,私が言うのもなんですが,絶大です。成功例としてご紹介させていただくような事業者さんは,やはり,ことあるごとにご相談いただき,一緒に課題解決をさせていただいております。

また,事業計画をつくるということは,農林水産業経営の見直し,戦略の構築をするということと同義(になるように,少なくとも魚野は支援しております)。

認定を受けられなくても,来年度はプランナー派遣の対象となる場合はありますが,事業計画づくりを一緒に行い,そのネットワークを大いに活用していただくことが,事業経営を次のステップに進めるきっかけになるかと思います。迷っていることも含めてご相談いただくことが,問題の整理につながるかとおもいますので,迷っていることや不明点,疑問点などありましたら,サポートセンターや魚野までお問い合わせください。

なお,以上の見解は,あくまで魚野個人のものです。所属組織や職位としての見解ではありません。

支援先事業者さんが読売新聞に掲載されていました

愛知県岡崎市の老舗茶園「宮ザキ園」さんの6次産業化商品,「わ紅茶」が,読売新聞に掲載していただけたとのこと。

今朝の読売新聞に掲載いただきました。紅茶もワインと一緒で、産地や品種、加工などで農家それぞれが個性を活かせる商品だと思います。個性の違いを楽しんでいただけると嬉しいです…

Posted by 宮ザキ園 ( 日本茶と「わ紅茶」のある暮らし) on 2015年8月9日

宮ザキ園さんは発売前にクラフトのパッケージを検討していた頃から支援させて頂いています。3月にはニューヨークの展示会にも一緒に行き,海外市場開拓をお手伝いしています。親子三代にわたって紅茶と関わり,変化を続ける江戸時代から続く老舗茶問屋の活動,どのように発展していくか,楽しみです。

8月22日,支援先事業者さんがCBCの番組に出演されます

支援先の愛知県・岡崎市の茶園,宮ザキ園さんがテレビでまたとりあげ
られるとのこと。うちにはTVがないのでどこかで見せてもらわないといけない。

宮ザキ園さんは江戸時代後期から続く老舗ですが,若手7代目当主夫妻がいろんな新しい取り組みをしています。取材で取り上げられた国産紅茶の「三河わ紅茶」は,イギリスやインドなどの紅茶とちょっと違う,優しい感じに仕上げた半発酵茶。6次産業化の取り組みとして,農林水産大臣の事業認定を受けています。

従来は一般の茶農家と同じく緑茶を市場やJAへの卸売などしていられましたが,相場に左右されることから売上や利益が安定せず,独自の商品を作って自分の手で売ろうと取り組みを始められました。

ご当主夫妻は誰かから助言されたら,自分なりに咀嚼してどんどんやってみるという前向きの姿勢で,いろんな取り組みをされています。紅茶ワークショップ,地域活性化のためのNPOの運営,茶摘み体験ツアーの提案,ニューヨークに自ら煎茶・紅茶・ほうじ茶を売るために現地の大型展示会に出展,地元神社との協力,地域ですっかり定着した,音楽イベントの企画・運営も彼が声を上げたことが始まりです。

宮ザキ園さんに限らず,6次産業化で成果を出されている事業者さんは,素直で明るい人が多いですね。周囲からの支援が自然と集り,それが周囲へとまた帰っていく,そんな好循環を作り出しています。

CBCの取材も無事終了ww三河わ紅茶の魅力を語らせていただきましたww8月22日のプレ旅MAXで放送されますwwhttp://hicbc.com/tv/tabimax/index.htm  中部日本播送(CBC)的取材順利得完,…

Posted by 宮ザキ園 ( 日本茶と「わ紅茶」のある暮らし) on 2015年7月25日

ニューヨーク出展を支援してきました

創業190年の老舗茶問屋さんのニューヨークでの展示会出展を支援してきました。こちらは事業者さんの報告。

展示会も無事終了。レストランオーナーやホテルの料理長、スーパーマーケットや百貨店のバイヤーさん、多くの来場者が宮ザキ園ブースにお越し下さいました。アンケートや市場調査では高評価をいただき、海外マーケットの可能性を感じる展示会でした。

Posted by 宮ザキ園 ( 日本茶と「わ紅茶」のある暮らし) on 2015年3月14日

創業190年の茶園「宮ザキ園」が米国市場に挑戦!

東海地域農林漁業成長産業化推進協議会さんに支援事業者さんが紹介されました。

【認定事業者の挑戦①】創業190年の茶園「宮ザキ園」が米国市場に挑戦!宮ザキ園 梅村篤志さん愛知県岡崎市の茶園「宮ザキ園」が、3月7日から10日、ニューヨークで開かれた食品展示会に出展し、ほうじ茶、わ紅茶、緑茶の3種類を実際に試飲し…

Posted by 東海地域農林漁業成長産業化推進協議会 on 2015年3月30日

六次産業化商品のデザイン

六次産業化で開発する商品,何がポイントだと思いますか?

大手メーカーの商品を見ると,きれいな包装デザインで,中小事業者が同じことをしようとしてもできないなぁと感じます。カラフルな色使い,整った意匠,しゃれたコトバや洗練された書体などなど。

でも,同じことをしようとしなければ,大手の商品に匹敵,あるいはそれ以上の存在感たっぷりこ商品にすることはできます。カギはシンプル,配色,統一感です。

大手の商品は,幅広いお客さんに買ってもらおうと,いろんな情報を詰め込もうとします。それゆえ,文字をはじめとしたデザインの要素が多くなりがち。一つ一つの商品はきれいではありますが,ごちゃごちゃしているものも多いです。

魚野は事業者さんとの打ち合わせでよく,三メートル以上離れたところに商品を持ち,見えますか,どんな商品か,どこの商品かわかりますか,と尋ねます。店頭で気づいてもらうこと,高齢化社会で目の悪い人の割合が増えていることを意識しています。

シンプルであること,配色が適切であること,この二つで店頭で気づいてもらえるようになります。買ってもらいたい人の感性に合ったロゴ,買い手の立場で表現した文や商品名。企画段階で女性や親子など多様な視点から意見を言ってもらう機会を設けたいもの。

そして,店頭に並んだ時の存在感。一アイテムではなく複数アイテムにすると,買うか買わないかという選択がどれを選ぶかという選択に変わるのですが,商品デザインに統一感がないとそこまで至りません

六次産業化が進む事例と進まない事例の違い

3年目に入った六次産業化プランナー業務で,支援先の事業の進捗状況がだんだんばらついてきました。

魚野の支援先は比較的進捗がある方が多く,商品開発,発売に至り,中には六次化で開発した商品で著名百貨店との取引が始まった事例もあります。

一方で,無事商品開発が終わり,発売もしているが,なかなか売上に結びつかない事例もあります。

何がその明暗を分けているのでしょうか。支援する側から見ていると、事業者さんの事業進捗の意識,商品の中身のおいしさ,そしてB2C商品については商品パッケージや店頭演出の技術,B2B商品については販路開拓での積極さあたりで違いがあると感じます。

なかでも最も鍵になるのは事業者さんの意識の持ち方。打ち合わせをしていて気づいたことをフィードバックしたとき,次にお会いしたときまでにそれを実行している事業者さんとそうでない人では,事業進捗状況の差がどんどん広がっているような印象です。

支援する側からお伝えする内容,ひょっとしたら的外れのこともあるかもしれません。その場合,切り捨てるか,不足していた情報を追加してディスカッションするか,それによっても差が出てくるようです。

20130901 ブランドから考える6次産業化(1)

1.お客様から選ばれるために

農林水産事業者さんから6次産業化のご相談をいただく際,どこまで検討が進んでいるかは案件により様々です。例えば,商品の中身やパッケージ,価格も決まっている段階,なんとなく,自分の農林水産物で何かをやってみたいという段階。

でも,たいていの場合,誰にどんなメリットをもたらす商品・サービスなのか,どんなイメージの商品・サービスと思ってもらいたいのか,はっきりしていません—ごく一部の例外事業者さんはありますが。

幸い,ほとんどの事業者さんは個人事業の規模なので,担当している人の感性にもとづいて商品が企画され,試作されていきますので,似通ったデザインになります。ただ,これも例外があって,民主的なマネジメントをされている事業者さんの場合,これがアダとなって商品ごとにてんでバラバラの商品コンセプトになることもありますが。

魚野が関わる場合,消費者(あるいは買ってくださる方)がその商品を選ぶ理由はなんでしょう?という問いかけをします。他と差別化されているのか,それがお客さんのメリットになっているか。

答えとして一番多いパターンは,こだわりやおいしさを強調される点です。でも,こだわっている内容(例えば農薬を使わないだとか,土をつくっているとか)は,直接買い手のメリットにはなっていない上,この頃はあちこちで同じような取り組みがあるという点で,差異化に繋がりにくい問題点があります。また,おいしさも,買い手の感性によって何が評価されるかは千差万別。例えば,トマトの流行は甘いモノですが,中には酸っぱさや青臭さを美味しいトマトの必須要件と感じている人もいる。そして何より,誰もがおいしいと言われるわけです。

ですので,こう違うんだ,それを作り出しているのは,うちでやっている,こういうこだわりによるんだ,という説明ができてはじめて,お客さんに他とは違うと認識されてもらえます。モノやサービスがあふれる今の日本で,差異化要因をうまく伝えられないと,なかなか購入していただけないのです。

2.どうやって差異化要因を見つけ出すか

さて,事業者さんがご自身で差異化要因を明確に認識されているかというと,6次産業化プランナーの2年間の実務範囲では,なかなかそんなことはなく,そこでここからがヒアリング技芸の組み合わせの見せ所となります。

具体的には,事業者さんに,他と違う取り組みは何ですか,と直接聞くほか,あわせて,お客様があなたの農林水産物を選んでいただいている理由として,お客様はなんとおっしゃっていますか?などと聞いていきます。

そして,それまで事業者さんと話してきたこだわりの取り組みとその評価点が結び付けられないか,結びつけるには,何を調べればよいか,と仮説を組み立てたり,検査点を探っていきます。

例えば,ご自分で選ばれた,とてもめずらしい品種の作物を栽培している,変わった栽培方法を使っている,出荷の前に,こんな工夫をしている,…。時には,地元貢献活動の継続といった,直接農林水産業に関係のない活動であっても,商品のイメージにつなげられるような場合があります。よくよく聞いてみると貢献活動の哲学が農林水産業のこだわりと共通していることがほとんどですので,こうした取り組みも含めて,差異化要因,買い手の得られるメリット,あるいは買い手が感じるイメージがはっきりしてきます。

 

 

20130820 プランナー業務の進め方(02) 商品企画の支援その2 〜商品と事業戦略〜

6次産業化プランナーの業務の進め方を紹介するシリーズ。以下は,魚野が個人的に採用している方法であり,他のプランナーとはかなり違いもあると思われるのでご承知おきください。

商品企画段階その2

商品企画の支援は,その場の雰囲気や事業者さんの企画進捗状況,事業者さんの流通に関する理解の内容などによって,支援の仕方はかなり変わってきます。

その1で書いたとおり,魚野は話をしながら,事業者さんや魚野が疑問に思ったこと,知らないなぁ,どうなっているのかなぁとつぶやいたことは,基本的にその場で関連資料を,その過程も含めてお見せしながら調べます。もちろん情報のありかがわかっている場合,例えばJAS規格でいう「トマトジュース」とはなにか,みたいな質問・疑問は,直接,情報源にあたりますが,基本は検索です。

さらに加えて,その商品の応用可能性や,事業者さんの強みや外部から見た(ブランド)イメージ,とるべき経営戦略とどれくらい合っているかなども考えてみます。

例えば,果物を栽培している農家さんと話し合っている,その果物の加工で多いのが,例えば果汁ペースト(糊くらいの粘土のある性状のもの。果汁や野菜汁を濃縮したものが多いが,破砕して冷蔵・冷凍したものもペーストと呼ばれるものがあるようです)と,果汁入り酢ドリンクだったとします。果汁入り酢ドリンクがブームになりかかっているとして,どちらを先に手がけることを考えるべきでしょうか。

どちらが応用範囲が広いかといえばペーストです。というのは,ペーストを原材料の一部として使うことで,アイスクリームやスープ,麺,ソース,惣菜などいろいろ使用先が考えられます。但し,いくらペーストが応用可能性が広いからといって,直売や顔の見える範囲での販売が主体となると,一般消費者が主なお客様になりますから,あまりペーストにこだわる必要はありません。むしろ,目の前で果汁を絞って出す,季節限定で販売してプレミアム感を出すことを考えるでしょう。そうすると,酢ドリンクもそういう見せ方で売る方法を検討していきましょうと提案します。

20130813 プランナー業務の進め方(01) 商品企画の支援その1

6次産業化プランナーの業務の進め方を紹介するシリーズ。以下は,魚野が個人的に採用している方法であり,他のプランナーとはかなり違いもあると思われるのでご承知おきください。

商品企画段階

6次産業化の最初期の段階では,農林漁業者さんが扱っている農林水産品の加工品にどんなものがあるか,そのカテゴリでどんな商品が市場で販売されているかを確認するあたりからはじまる。プランナー業務は経営戦略づくり支援をも含むのだが,いきなり大上段にかまえるとアイディアや考えが出てこなくなるので,想像しやすい商品の検討から入っていくことが多いのだ。

魚野のやり方としては,商品を検討する際は,その場でネット検索しながらというのが定番。プロジェクタとノートパソコンを持込み,事業者さんに検索している最中の画面を示しながら,連想を広げていただく。例えばある野菜のジュースというキーワードが最初に出てきたら,まずその野菜のジュース(清涼飲料水を含む)の画像を検索してみる。そうすると,販売されている既存商品がどんなデザインか,知ることができる。また,興味がわけば,品質仕様,例えば容量だとか,原材料だとかを,その画像を掲載しているおおもとのサイトに遡って調べる。

単に商品画像を見ているだけでも様々なことがわかる。デザインの傾向や,容器包装の実例,陳列の状態などだ。物資が溢れている日本では,どんなに中身がすぐれたものでも,販売時に消費者に気がついていただけるか,興味を持っていただけるかという要素に配慮していないと,勝負にならないことが多い。デザインは非常に重要なのだ。

さらに,関連する農林水産品について,Wikipediaの情報をひろったり,場合によってはアメリカやEU,香港など海外の政府機関や業界団体,消費者団体などのサイト内の情報を調べたりする。Wikipediaで英語名や学名が掲載されているので,それをヒントにたどっていくのだ。