[日誌]更新研修講師打合せ

診断士は理論や政策の更新研修をしなければいけないが,今年はその講師を仰せつかり,本日は二回目の打合せ。テーマは当然,農商工。
設備の確認やら,プレゼン資料の作成,配付資料の手配など。なかなか面倒ではありますが,知識がちゃんと身についているかは他の人に話してみて初めてわかることですので,農商工の制度をふりかえるいい機会です。

[日誌]福岡へ

本日は福岡にやってきた。マリンメッセで開かれている食品産業創造展の視察と,徹夜までして間に合わせた内部会議資料づくりの疲れをとるリフレッシュを兼ねてのこと。

マリンメッセは海辺にあり,久しぶりに潮のにおいを楽しんだ。この感じ,イタリア,ビエトリ・スル・マーレにいた頃のあの淡い海の香りを思い出す。

展示会自体は,農商工の認定事業者さんが出展されていたこともあり,そのブースへの挨拶や,地元の食材や最新の加工機材で農商工につながるものはないかなという調査が目的で出かけたが,それなりの収穫だった。

それにしても、福岡は歩道が広いが,結構,自動車がそこに泊まっていたりする。2−3時間歩いている間に5回くらい,歩道に泊まっているのを見かけた。そういう文化なのか?

JRの東海道線が人身事故で止まっていたので,自宅に帰ってから近所のスーパー銭湯に出かけた。知人とメールをやりとりしながらの一日だったが,N700の座席コンセントを使って充電したりしてなんとかiPhoneのバッテリーは一日もつ。でも、もう少し,もってもらいたいねぇ。

[日誌]3カ所掛け持ち

本日は三重県の商工会議所で農商工の制度紹介を講演でしたのち,とんでかえって大学での講義,引き続いて農商工の申請予定事業者さんの所へいって,申請書のブラッシュアップと事業戦略の検討の予定。

気を入れてかからなくては。

[日記]ランチョン

本日は農商工連携事業の申請予定の事業者さんを支援を頂いているアドバイザーの診断士のM先生を昼食にさそい,申請内容について1時間近く議論。あいにく事業者さんが海外に出かけているので,実際の申請書の校正はできないのだが,その間でも課題の概略をあぶり出すことで,事業者さんが帰国されてからの活動の指針になるだろうと思い,じっくりと話し込んでみた。

単に申請書のみてくれだけよくすればよいというのではなく,農商工連携の認定をとるためにはやはり,事業として成り立つのかどうか,が問題になってくる。国の認定や補助金の支援を得ようとすると,やはりそれなりに説明責任が求められるのだ。

でもまぁ,それが幸いして,事業計画の立て方や考え方を学び取ることが出来たと喜んでくださる事業者さんがいることも間違いなく,それはこちらとしても非常にうれしいところ。今日,話をしている案件も,そんなところなのです。

[日記]勉強会2回

本日は勉強会,二つに参加。一つは食の安全研究会定例会。診断士仲間による,農業や食品産業のコンサルティングの研究会。なんと,本日会費の支払日だったとか。まったく気がつかず,身一つで参加したため,次回まで支払いを免除してもらうことにしました。いかんいかん。

もう一つは,農商工等連携の勉強会。こちらは最近連携拠点のコーディネータに就任された診断士さんに,いろいろと実務上の注意ポイントなどを情報提供。パンフレットなどを読むことも大事ですが,やはり法律や,それに基づいて出された基本方針だとか,省令だとか,いろいろと関連情報を収集,読みこなす力が大事だなと思います。有機化合物やコンピュータ,食品などモノを相手にしていた頃にはせいぜい食品表示だとか,規格,輸入枠などで関わってきたことではありますが,今更ながら,法律経済は実社会では重要なんだなぁと思います。

診断士としていろんな方や組織にアドバイスをする立場ですから,しっかり勉強しないとね。

[日記]即,就寝

土曜日,すべての予定を放り出して一日寝ていたからか,なんとか今日一日はもちました。朝9時から夜の8時まで,事業者さんのところで事業計画の内容や数値についてディスカッション。途中,薬が切れてさすがに鼻水が止まらなくなりましたが—基本的に今回の風邪は鼻風邪のようです,幸い持ち合わせの小青竜湯とティッシュでなんとかなりました。

明日は名古屋駅を8時前に出発です。今晩もやらなければならない授業の準備や書類の整備をすべて忘れて,即寝ることにしますzzzzzz

[日誌]再び南紀へ

再び南紀に出張に出かけてきた。農商工案件のサポートのためである。本日の感想は,南紀は美味しいものが多い,このことにつきる。

20090327 特急南紀で出張
20090327 特急南紀で出張

[日記]南紀へ行ってきた

昨日は南紀に出張に出かけてきた。事業者さんや連携拠点の方とお会いし,農商工の案件になりそうな案件について,ヒアリングをしたり,挨拶まわりをしてきたのだ。

いずれも今すぐにというものではなく,一年とか二年以内にというくらいの話になりそうだが,実際に認定されればとても意義があり,地域の活性化や刺激になりそうな案件だった。

いつも思うのだが,農商工に限らず国の認定事業に挑戦しようという事業者さんは前向きの人が多い。地域活性化事業に関わることの面白さは,こうした前向きの人たちと多く関われ,支援できることだ。

明後日はもう一度,三重に出張に出かける。いい出会いを期待したい。

[日誌]多治見に行ってきました

休日ですが,自主参加で多治見で開かれている地域活性化イベントの視察にいってきました。関わっている地域資源活用事業の認定を受けた事業者さんも出展しているとのことで,名古屋から車で一時間ほどかけて,久しぶりに岐阜県へ。

どちらかというとブース内に座り込んでいる事業者さんもいらっしゃる中で,お話を伺った事業者さんは前を通りかかる参観者にも声をかけ,なかなか頑張っています。ちょっと話をお聞きし始めたら,いずこの事業者さんも軽く30分以上,いろいろとお話を伺えました。

地域活性化三事業,ことに農商工連携は始まったばかりで,まだまだ実績は少ないですが,農と商・工の組み合わせでつくりだした新商品,新サービス,ぜひとも伸びていってほしいものです。