[日記]暑くなる前に

今日も暑くなりそうとの予報であり、すでに空は真っ青に輝いている。熱くならないうちに、自転車に乗って出かけよう。

[日記]夜型の習慣を元に戻すには

自分もそうだったのだが,学生のうちはついつい夜型になってしまいがちである。その理由はいろいろあるだろうが,一つには,しなければならないことのプレッシャーから無意識に逃げたいと思っていること,そしてもうひとつは,実際,夜中の静かな時間こそ学生にとって効率が良い作業時間だということだろう。

社会人や家庭をもつ立場になると,そうもいっていられなくなる。見積もった時間通りに作業が終わることはそもそもめったにないし,時間は遅れだけが蓄積される[1. 要素作業を早めに完了したとしても,次の作業が遅れれば結局全体としては遅れてしまう。]。

ではどうしたらいいだろうか。ポイントとなるのは,単に朝早く起きようという努力論,精神論にしてしまうのではなく,昼間の運動量を増やすという具体的な行動が重要だということだ。

自分の場合,自転車を使って運動量を増やすことが非常に効果があった。自転車で出掛けるという日数を増やしただけで,朝は目覚まし無く起きられるようになり,食事も進むようになった。髀肉の嘆という言葉があるが,二ヶ月足らずの取組で太ももの筋肉量が目に見えて増えてきた自分にとっては髀肉の悦といったところか。

自転車での行動は勝間和代氏も勧めているが,無論,誰でも自転車に乗る方法が運動不足解消の至高の手段というわけではない[2. 自分の場合は中学生時代に二年間自転車通学をしており,自転車のメンテナンスには困らないという自信があったことや,行動範囲を自分の自由にでき るという楽しさと,東京勤務時代に買い求めたMTBを整備する楽しさが,今回の取組を後押ししてくれた。栄や名古屋駅などの繁華街に出る場合,時間的には バスや地下鉄を使う場合と自転車で出掛ける場合とで,ほとんど差が無いという点も,新鮮な発見であった。]。あなたにとって,泳ぐことが楽しいということであれば,公営プールに通えば良いだろうし,走ることが得意だということであれば,走れば良い。

冬休み,早起きが出来なくなったという学生諸君,ぜひ体を動かしてみよう。

[日記]ビチクレッタですっころんだ

先日,自転車で車道から歩道に乗り上げようとして,すっころんだ。原因は基本動作を守れず,ギア比が大きいままだった事と,フロントを持ち上げるための踏み込み不足だったことの二つと,両輪の空気圧を規定の3MPaに引き上げたために自転車が衝突の反作用でさがった量が大きかった事が主要因だと思うが,転んだ後,おもわず苦笑いしながら自転車を起こす。以前の自分なら,恥ずかしい,くやしいという感情を押さえ込むため,おそらく無表情,無感動で自転車を起こしていただろう。失敗した自分を笑う。そんな余裕ができたのが,独立して仕事を続けられていることの要因の一つだと感じる。

今回は前につんのめって前輪の前に転げ落ちたのだが,そういえば以前2回落馬した時も,馬の前に落ちたと記憶している。後ろにおいていかれて後頭部をうつよりは上手な落ち方かもね。

ちなみにビチクレッタとはイタリア語で自転車の事。また,本人にも自転車にも怪我・損傷はありません。

[日記]あと一歩

昨日パンクした自転車を道づれに職場から自宅まで歩いてきた。直線距離で10kmほどだが,外食したり本屋へよったり,食材の買い物をしたりしたので,三時間強の旅。帰宅難民になるような事態になってもこれならそれほど苦にもならなさそう。

フランス式バルブのチューブを帰途,自転車量販店で買い求めたのだが,応対してくれた店員さん曰く『パンクしたんですか?』こちらがにこにこしながらそうなんですよと答えると,無言になってしまったまだ20代くらいの店員さん。本当は自店での修理をすすめたかったのだろうけれど,遠慮したのか,臆したのか。『よろしかったらこちらで修理もお受けできますよ』なんていえると,売上につながったかもしれないのにね。

気になる?

自転車を保守点検し,久しぶりに乗り回すようになったのは,既報の通り。マウンテンバイクなので,タイヤやサドルが簡単に取り外せる。助手席をはずすか,キャリアを積むことを計画しているが,今はまだ,Miniの後部座席にバラバラにして放り込んである。実は最初はフレームを助手席から後部座席にかけて前後方向においていたのだが,本日助手席を使う必要が出て,急遽,後部座席に全部押し込むことに。意外とMiniは内部は広いので,あの大きさでもちゃんと入りました。

この自転車バラバラ状態,通りかかる人は結構気になるようで,覗き込んだり,あの自転車,何?と聞かれる始末。むき出しで載せているから,しょうがないかな。

まぁチェーンやハブなどの油がシートに付いて,乗っていただく方に迷惑をかける可能性もあるので,さっさと対策をしなくては。

5000円で整備

この金額はMiniではなく,自転車ですが(携帯空気ポンプ,スタンドの購入)。

ベランダでタイヤの空気が抜けたまま日干しになっていた自転車を引っ張り出し,久しぶりに空気を入れてみた。ついていなかったスタンドを購入し,とろけかかっていたグリップ・ゴムをとりかえ,変速機,ブレーキのワイヤの位置を調整。24段変速のはずが8段変速くらいになってしまっているが,街乗りなら不便はなさそうだ。手始めに大学の図書館やMiniを預けている整備業者さんのところまで,片道30分くらいをそれぞれかけて走ってみた。ふむ,高校生時代とあまり変わらない感覚で乗れそうである。

名古屋は歩道が広く,交差点での道路との段差が抑えてあるのに加え,駐輪場が随所に整備されているので,歩行者優先や交差点での減速・一時停止などのマナーさえ守っていれば,自転車は実に便利壮快な移動手段となる。

Miniのほうも整備が終わり,スムーズなブレーキ操作感覚が戻ってきた。タイヤやサドルをはずせば自転車も簡単にMiniに載せられることがわかったので,夏の終わりに少し遠出でもしてみようかと思う今日この頃。