[日記]柿の木倒して

今日は小雨模様の一瞬の隙をついて,のぞみ園の裏庭で枝が伸び放題だった柿の木を園長先生と一緒に処理。その後,こどもたちと久しぶりに遊ぶ。

短期保育コースが軌道に乗り,いつのまにか知らない顔がちょこちょこ増えている。このところ園には顔をあまり出していなかったので,ことに小さなこどもたちや保護者の方には不審がられるかなと心配したが,顔を見知っているこどもたちがまとわりつくのを見て,2・3歳児も一緒に遊びたそうにしていたし,まだ立てない乳児を抱き上げても泣かれなかった。信用の輪がこんなに幼いこどもたちの間にも,広がっていくものなのですねぇ。

もうすぐ運動会だそうで,園庭のスピーカーを修理したいと思っているのですが,テスターがなくて順延中。このところ,弱電関係の機械をいじることがすっかりなくなって,もっぱら人相手ばかりしています。

[日記]芽が出た

先週始めた永田農法によるコンテナ野菜,早くも芽が出ました。

新しく買ってきた土と水道水だけという過酷な状況でも,ちゃんと種は自分自身の力を使って発芽するんですねぇ。よく冷蔵庫の奥の方で土も無いのに芽が生えるジャガイモあたりでしたら栄養分を蓄えている外観をしているから,さもありなんとは思うのですが,ごま粒の様な種からちゃんと双葉がのびてくるのはちょいと感動ものです。液肥をそろそろ購入しなければ。

明日から10月。2008年第4四半期に突入ですね。

[日記]永田農法に挑戦

100円ショップで購入してきた鹿沼土,鉢底石,手元にあった不織布といろんな野菜の種を引っ張り出し,ベランダにいろいろ定植したプランターを置く。芽が出てくるまでは水だけでいいというので,とりあえずまだ液肥は未購入。昨日の晩に水をやっておいたら,夕方までずっと土が湿っている。今日の名古屋は曇りときどき雨という天気だったので蒸発量も少なかったのだろうが,それにしても秋だなぁと思わされる。

自分の背丈をとっくに越えたトマトはあいかわらず先端のほうはみずみずしく,花も咲いているし,実もところどころなっているが,さすがに朝晩これだけ寒くなると,そろそろ収穫もおわりかな。朝顔のほうは順調に次々と種を収穫中。

緑のカーテン作戦は一応順調だったが,水遣りが課題だった。ベランダのプランター栽培では真夏はやはり水遣りが欠かせない。来年は,簡易的な自動潅水システムでも考案してみるかな。

とうわけで,我が家のミニ菜園は秋から冬に向けての準備が一応完了。

[日記]いつも通りのつもりが

好きなメニューはときかれるとアーリオ・オーリオ・ペペロンチーノと答えるようにしているが,素材そのものの味がダイレクトに基本の料理だという理由の他に,炊事に時間がかからないということもあって,よく食卓に載せる。

で,今晩はペペロンチーノのかわりにラー油と冷凍野菜という組み合わせに換えての変速メニューだったのだけれど,一口口に入れたら,味気な〜い。

いつもは鍋をコンロにかけ,火をつけてから塩を投入,ふたをとじておいておもむろにニンニクをゆでるという手順なのだが,ちょいと欲を出してコンロを同時に二つ火をつけるという手順でゆで始めた。どうもこの時,ニンニクとタマネギを放り込む事に気をとられ,塩を入れ忘れたらしい。

らしいというのは,まったくどうしたか,記憶に無いから。パスタは結構な頻度でつくっているので,塩など無意識に近いくらいのレベルで入れている。それが証拠に動作はムダの無い動きをしていると思うのだが,今日はどうもいつもと違う事をして,いつも通り動いたように勘違いしたらしい。

品質管理担当者時代は初物管理を結構やったが,家事でもそういう意識を持たなければね。

ちなみに冷凍野菜だけでなく,毎日のように熟しているベランダのトマトも今日は乗っけています。長田農法の本とコンテナ,土,種を準備したので,あと,液肥が準備できたら,この秋から冬にかけての野菜を植える準備をする予定。

収穫

ベランダのトマトが次々と色づき始め,窓外の眺めに彩りを添えてくれるようになった。

買ってきたプチトマトの種をとりだして適当にプランターに植えておき,茶殻やら野菜くずやらを放り込むだけで特に肥料はやっていないのだが,自分の身長を越えるぐらいにまで成長している。

さすがに強烈に暑いこの2週間くらいは潅水だけは日に何度もやらないと,一緒に植えてある朝顔がしおれてしまうので気分転換もかねてやっている。が,それにしてもよくもこんなに環境の悪いところでたくましく育つものである。

蒔いたのは生食用にスーパーでいろいろ買ってきたもののうちのいずれかだが,全てF1種を使っているのかと思ったら,こうして芽が出て花が咲き,実がついたということで,少なくとも普通の品種のものもある模様。

7月になりました

先ほど,某企業の診断報告を書き上げ,ほっと一息つきました。企業としてはこれから,診断結果をもとに実際に動き出し,成果につなげていくところが本番です。ぜひともよい方向に向かってほしいところです。

小さなベランダにプランターをおいて,ハーブ系の野菜やトマト,朝顔を楽しんでいます。まだ梅雨時なので,日差しを遮って室内温度を下げるというもくろみ はまだ生かされていませんし,植えた時期が今年は遅めだったせいか,朝顔もぽつぽつと咲き始めた程度で十分葉が茂っていませんが,あと二週間もすれば目の 保養だけでなく,電力の節約にも一役買ってくれることでしょう。

景気の波も,季節の移り変わりと同じく,繰り返しやってきます。多少思惑とはタイミングがずれても,必ず。あらかじめ準備をしておけば費用も少なくて済むし,かけた費用から得られるリターンをできるだけ大きくする工夫も楽しめます。

でもそうした予測や備えをするためには,経済や植物といった,自分の本来の活動分野とはちょっと違った知識が必要。そんなことにかまっていられない,本業で儲けたお金で解決すればいいんだという発想もありましょうが,環境問題とか,不景気とか,自分の力だけでは対処しきれない環境の変化による制約もありま すので,普段のこころがけのほうが中長期的に見れば有利なようです。

さて,2008年もあと6ヶ月あまり。2010年にどんな自分,どんな自社,どんな家族でいるかを意識しながら,今日一日,今週一週間,今月ひと月分,残りの四半期の計画をたてていきましょうか。

朝顔芽吹く

週明けにプランターに植えた朝顔が昨日芽吹きはじめた。そういえば、小学生の頃に朝顔の発芽はふたばから本葉へと進むと習った覚えがある。しかし、なぜふ たばがあらわれるのかという話を聞いたかどうかは覚えがない。なぜなんだろう。ふたばはより効率良くエネルギーを生産しているのだろうか。

先月までの滞在録(日記)を整理しました

ここ2・3日,急に冬らしくなってきましたが,元気ですか?
我が家の庭(といっても駐車場の片隅ですが)には,晩秋に植えたルッコラ(イタリアの野菜です)がようやく芽を出し,双葉をひろげています。隣にはやはり朝顔が双葉を出していますが,こちらはちょっと冬は越せるか心配です(霜をよけてやればいけるかな?)。

●診断士の通信講座を受講し始めました
来年夏の一次試験の受験を目指して,通信講座の受講を始めました。イタリアへ行けという指令がまた下れば,今年も受験はできないかもしれないけれど,とに かく準備だけは進めていこうと思っています(一次試験をとにかく受けられれば二次試験は何年後でも受けられるそうですし)。

●待降節(アドベント)をご存じですか?
クリスマス・・・すっかりポピュラーな特別な日になってしまいましたが,もちろん皆様ご存じの通り,イエス・キリストの生誕を祝う日です。まぁ実際,イエ スという人が12月25日に生まれたかというとそういう確証は無くて,おそらくはキリスト教普及以前の冬至の祭りがすり替わったのではないかという説を読 んだことがあります。
さて,アドベントですが,このクリスマスの前4週間を指し,教会によってはリースにろうそくを毎週一本づつともし,生誕を迎える気持ちを高めようという期間です。
日本では早くも11月末からクリスマスの飾り付けをするところもあり,中国(大陸)でも最近ではおおっぴらに商店がこういったイベントをとりこんでいるようです。
皆さんはクリスマスを前にどんな気持ちでいますか?今年も終わりかとあせっている?誰と過ごそうかと悩んでいる?あるいは彼/彼女と予定をたててわくわくしてる?またこの季節かとうんざりしてる?

まもなく大雪;暦の上ではどか雪が降ってもおかしくないはずです。風邪など召されません様。