生ハムを避けることが妊婦のトキソプラズマ症予防となるのか?

妊婦は生ハムを食べるべきではないという意見をちらほら見かけます。ざっと調べてみましたが,結論としては適切に製造・流通されている名のある生ハムなら,大丈夫ではないかと思っています。

トキソプラズマ症は,トキソプラズマという微生物が原因となる病気で,妊婦さんがこれに感染すると胎児に深刻な影響を与えるとのことで,その予防は重要です。各地の保健所などの情報を見ると,トキソプラズマ症の感染予防には,生肉は必ず十分加熱することという予防方法がたいてい掲載されています。加えて,ネット上では生ハムも避けるべきという意見をよく目にします。加熱していない生肉や,十分加熱されていない生焼けの肉が危険というメッセージが独り歩きして,「生」がついている生ハムまで避けるべき,あるいは加熱されていないのだから生ハムは危険という意見につながっているようです。

ところで,イタリア料理などで出てくる生ハムは生肉なのでしょうか。生ハムは「生」という名がつくくらいですので,確かに加熱はしてありませんね。ただ,塩漬け,熟成加工してあり,高塩分,低水分活性という状態になっています。このような状態だと長期保管がきくので,かつて冷蔵技術がなかった頃の遠洋航海などにも使われました。スチーブンソンの「宝島」などで出てきましたね。もちろん,生ハムといってもいろいろな塩分濃度や水分活性状態があるので,少しでも塩漬け・熟成してあればなんでもかでも大丈夫だというわけではありませんが。

生ハムの本場の一つ,イタリアの生ハム関係者であるジュゼッペ・コミ博士は,生ハム由来のトキソプラズマ感染の可能性に関しては,適切に製造・流通されていれば安全という見解を出しています。この見解が掲載されたページには,市販の生ハムを調査した結果などを記した論文が論拠として紹介されています(上記リンク先に論文の書誌情報記載あり)。コミ博士は,肉製品は2ヶ月以上熟成していあれば安全であり,Prosciutto di San Daniele, Prosciutto di Parma, Prosciutto di Veneto Berico Euganeo のようなイタリアの生ハムはいずれも13ヶ月以上熟成してあるから大丈夫だと述べています。

ただ,アメリカでは自家製の生ハムなどが感染源だった例があるという研究報告はみつけました。

残念ながら魚野は学術論文を気軽に入手できる立場にはないので(どこかの大学や研究機関などに常勤で所属していればなんとかなるのですが…),いずれの研究報告も原文にあたることができません。

それ故,市販の生ハムが安全と主張されていること,手製の生ハムが感染源となった例があるということからの推測ですが,おそらくは一定以上の塩分濃度をそなえ,かつ一定の熟成期間を経ている生ハムは,トキソプラズマ症の感染経路とはならず,それを満たさない生ハムはなりうるということではないかと思います。これは,高塩分濃度,低水分活性では多くの微生物は増殖しにくい,あるいは死滅していくという食品衛生の概括的な知識とも合致しています(もちろん,例外はありますが,トキソプラズマがその例外にあたるかどうかは,きちんと文献を調べてみないとわかりません。もし生ハム関係の仕事をいただくなどして調べる機会があれば,あたってみます)。

以上のことを魚野なりに要約すれば,妊婦さんは熟成期間が短いなんちゃって生ハムはやはり避けたほうがいいということです。万一感染した場合の結果が重篤なので。もちろん,リスクをとことん負いたくなければ,名のある生ハムをも避けるということになりましょうか。ですが,信頼出来る作り手・お店のものなら大丈夫じゃないでしょうか(推測まじりですから説得力が弱いですね。こういう研究結果があるなといった紹介や,きっちりした論拠のある反論があれば歓迎します)。

それと,猫がトキソプラズマの宿主となっての感染例が多いとのことなので,猫経由の感染(猫の世話や土・庭いじりで猫の排泄物を知らずにうっかり触ってしまうこと,猫の顔に触れることも含めて)に気をつけるのが,大事そうです。

ボン・ホリデー

先日,知人と話をしていて,日本はそろそろボン・ホリデーだねと言われ,一瞬何を言われたかととまどった。ボンはイタリア語でよい,ホリデーは英語で祝日。なぜ二カ国語で表現しているんだ?なにか聖なる祝日が日本にあったっけと混乱した。単にお盆休みのことをいっているのだと気づいたのは数秒後。

大井町のフリッティーニ

曇天

iBook2の発売開始。運良く,CD-ROM版を予約無しで入手できた。

元同僚のO氏と夕食に大井町のイタリア料理屋へ。ここはイタリアのお客さんと来たことがある。今日はマスターが店の表まで出てきて,盛んにいろいろ勧めてき た。フリッティーニが出てきたが,冷めている。残念。O氏は4月の異動で,今までのイタリア関係の仕事から経営企画の仕事へ。近況を互いに報告。これで, 東京時代の海外調達関連業務の同僚・上司メンバーのほとんどが入れ替わったことになる。

帰途,NPO法人理事のK氏に遇見。

モスバーガーで食べた新製品,豆バーガ,一口目にイタリアの味がして,とても懐かしくなった。今年は退職のため,夏の南イタリアを訪ねることもできない。残念。

Apple が今晩,何か発表しているはずなのだが,今のところ何も情報を入手できない(新しいiBookが含まれているとか,直営店が発表されるとか,いくつかうわさは聞いているのだが)。株主優待で早めに知らせるとか,安く入手できるといった制度があるといいのだけれどね。

イタリアからの客人

今日はイタリアからのお客様と東京観光。商社の人と一緒にこの二人の賓客と,鑑真展,自転車屋,輸出モデル電化製品屋をめぐり,最後に銀座のピザ屋へと。今年もイタリアの夏に来てくれと嬉しい要請も何度もあったが,6月に退職するのでおそらくはお目にかかれないだろうと,話す。今の勤め先がアルバイトか委託で雇ってくれれば,お互いによいのだろうが,これは退職する側から言い出すべきではないかなと,今のところ期待していない。この二人とともに仕事をすることで,いや,初年度よりお世話になっているローマ駐在の先輩とともに仕事をすることで,大変勉強になったことは紛れも無い事実。お礼を仕事で返すことができず,心残りである。

イタリア出張同窓会

イタリア出張にかかわる同僚・取引先の出張者,そして私の3人で焼き肉を食べに御徒町までいってきました。

イタリアの夏も(あらゆる知識を総動員するわけですから)おもしろいので,ぜひ続けたいという気持ちがありますが,一方であの人数の中で同僚に気を使いながら,いわれたことを中心にやるというかなりストレスの溜まる仕事をまたすることを考えると,退職してよかったのではないかという心持ちとのせめぎあいで す。

夏だけイタリアにアルバイトという方策も,勤め先としては通年で技術者を雇う必要が無いというメリットはあると思いますが,そこまで今の勤め先に甘えるのもなんだかなという思いです。同僚らの反発を買いそうということもありますしね。今年はやはり勉強に集中するつもりです。

せっかく覚えたイタリア語ですので,何らかの形で生かすことができればなとは思いますが,今は中国語に集中するとき(東京時代には一人で商談してくるくらいの度胸はあったのですが… 失敗続きではありましたけれども…今はほんとに言葉を忘れちゃいましたから),日中に関わる企業の手伝いをするなどという大それたことをするにはかなり怪しいレベルです。感情表現をできるくらいにはなりたいと思います。

晴れ

18時10分着陸。蒸し暑い。

そのまま寝苦しくて眠れず,徹夜。明け方,名大元学長の飯島宗一氏の内村鑑三に関する講演をラジオに聞き入る。飯島氏は名大の退官講演を名古屋・鶴舞の名大医学部の講義室にもぐりこんで見て以来である。飯島氏と内村を結び付けて考えたことはなかったので意外だった。

内容は「後世への最大遺物」の紹介。

晴れ

12時55分,ナポリ空港発。13時10分パリ・オライリー空港着。シャルル・ド・ゴール空港にバスで移動。理髪。まだ出発時間まで4時間以上ある…。

と思っていたらなんと中東の某国に出張していた同僚に声をかけられる。ちょうど東京に帰国する途上とのこと。もっとも,彼とは同じ飛行機なのだが,先方はビジネスクラス,当方はエコノミー,しかも最後列のいわゆる団体客扱い席。もちろん本社に勤めるこの同僚に責は無く,先方もクラスの違いを聞いて恐縮していたが,あれだけイタリアで一生懸命やっていてもこういう待遇の差を目の前に突きつけられると,いつでも平常心を保つ自己修養というのが本当に自分のためにも会社のためにもいいのだろうかと疑問に思えてくる。

というわけでひたすらパリー成田間は寝ることにした。

晴れ

明日の帰国を控えて一日ほぼ寝て過ごす。今週は精神的に復調してきたが,肉体的な疲労は溜まってきている様子。

勤め先の同僚らによる壮行会を除いて,無感動(国内出張と同様の意識)に日本を出国,イタリアで日々過 ごしてきたが,もう次回は無いんじゃなかろうかと今年は思った。会社は同期のUという適材を見つけ,自分個人としては10年の社会人生活の節目を迎えた。イタリア側が魚野の再来をと言ってくれているうちに辞めるほうが,一種よい引き時かも知れぬ。

帰国したら家には帰らず,妹の所に遊びに行くことにしようと思っている。