引き続き蒸し暑い


一時帰国した同僚の再帰国が決まる。少しだけ私のイタリア滞在が延びる様子。同僚の帰国理由が彼にとっては悲しい事情によるものではあるし,私情をはさまず仕事をすべきなのだろうが,できることならこのままシーズン終了まで居たいのだが。

終日,検味。