海角7号を見てきた

知人と海角7号を見てきた。台湾で,好成績を収めたという映画だ。なんでも台湾映画としては,台湾での興行収入第一位とか。日本人も多数出演しており,日本と縁の深い地域でつくられた映画として,日本統治時代に関わるエピソードをからめたり,日本人や日本経済との関わりを入れ込むなど,なるほどなと思う。

映画の内容自体は,努力しても報われていなかった人たちが互いにぶつかり合う中で,理解しあい,最後に…というもので,ストーリーとしては王道の類だ。ところどころ笑えるよう,泣かせるよう,スパイス的な要素も取り入れられ,後半は飽きさせない。台湾のガチャガチャ感だとか,日本や日本人への複雑な思いとか,そんなところも映像やセリフのあちこちから伝わってきて,台湾や中国に興味を持っている人ならそんなところも楽しめるだろう。個人的には日本語,台湾語,中国語の三種類が聞けるということでも楽しい時間だった。

日本人の出演者たち,ことに中国語をしゃべり,台湾で働いているという主役級は,たくさんの中国語のセリフを使いこなすのに大変だったろう。そこそこ聞ける中国語になっていて,役柄でも完璧でない中国語を話すということになっていることもあり,それほど妙な感じはなかった。一方で,長い日本語のセリフをしゃべるときは棒読みかと思わせるような違和感があった。

なぜ,この映画が興行収入一位になったのかと興味をもってみてみたが,自分なりの結論は,努力しているのにあまり報われていない人たちの姿が,国際社会の中での台湾の姿に重なることもひとつの要因かなと思った。大陸の経済発展や,それに伴なう外交圧力などにより,台湾の国際社会での地位は相対的にかなり低下してきている。自分たちは民主化だとか経済建設でこんなに努力しているのに,それほど成功している人たち(国)とちがわないのにという思いと共通点があるように思う。

もっとも,一緒に見に行った留学生はそれは違うんじゃないかという意見のようで,主にエンターテイメントとしての面白さを挙げていた。この留学生はしょっちゅう映画を見ているので,生涯でまだ10本くらいしか見ていない自分の意見よりは的確なのかもとその場では思ったが,一位の座を得るほどの秘密が何にあると考えているかは,聞きそびれてしまった。

たまには映画もいいものです。次は「泣きながら生きて」かな。

おかげ横丁に行ってきました

半分仕事,半分私用で伊勢神宮の隣のおかげ横丁に行ってきました。目的はあのりふぐの河豚汁とモクモクさんの塩ダレを使った豚バラ。いずれも農商工連携認定事業の事業者さんが横丁広場に出店されていたのです。元日は寒かったものの,今日はまずまずの天気で人手も順調。両事業者さんとも5日までの出店とのことで,お疲れ様です。

おかげ横丁の賑わいは相当なもので,まさにごった返すといった感じです。サンマを切り,試食をさせていたり,こどもたちが飛び込み参加できるイベントがあったりと,楽しめる町づくりが進んでいるなと感じさせます。

道中,誘った留学生の知人と延々と,日本や中国の近未来のことや,三重県のの地理,歴史のことなど話し込んでいました。あらためて説明してみると,自分が日本の歴史に詳しくないところがわかってしまいますが,地域資源活用プログラムや農商工連携を通じて得た三重県の産物のこととか,海の幸,山の幸の特徴,背景とか,説明ができてよかったです。まぁそれよりもなによりも,天気が午後から良くなり,清々しい雰囲気を満喫できたっていうのが良かったです。自分はクリスチャンだし,知人はすでに伊勢神宮は見学しに来たことがあるとのことでしたので,一応神宮の境内には入ってみましたが,人ごみを見て途中で引換しました。あおさやイセエビの饅頭を食べたり,河豚汁を食べたりと,人ごみと三重県の食を楽しんだ三が日の二日目。

さて,三が日最後の明日は,尾鷲に行ってきます。海洋深層水のお風呂に入りに。

[日記]おくりびとを観てきた

昨日は知人と映画を観に三好まで出かけてきた。おめあてはアカデミー賞外国語映画賞受賞のおくりびと。たまたま1000円デーだったようで,朝一番に間に合うように行ったのだが,結局は昼一番の上映を観ることになった。

映画を観た直後の感想は,奥さん,できすぎ。

広末涼子演じる妻の姿は,黙って耐えて夫についていくという古い日本女性の考え方,行動を具現化したもの。自分だったらああいった人生の困難に当たったら,夫婦としてもっといろいろ互いにきちんと話しをながら物事を一緒に決めていきたいし,パートナーとして自分なりの意見を言ってもらい,こちらの考えも聞いてもらいたい。すべてを,何も聞かないで受け入れるというのは,どうも違和感を感じた。

もうひとつ。白鳥の映像がたびたび使われるのだが,これもあまりに,何かを象徴していますよという場面としての使われ方で,少年少女向けの漫画やテレビ番組を見ているような感覚を覚えた。

もっとも,納棺の所作は美しいし,東北の自然や葬儀の様子もものめずらしく,自分なりに楽しんできた。同行の知人は,友人が感動したというので期待していたが,それほどではなかったとのこと。聞いてみると,友人というのは来日二年目の人とのことで,外国人受けするだろうなぁという感想も,それほど的外れではないみたい。

この知人とは,6月に京劇,覇王別姫を一緒に見に行く。どんな意見交換ができるか,今から楽しみである。

[日記]第三の開国

日経新聞の領空侵犯コラムで治安悪化の懸念を理由に日本が移民政策を取ることに反対する意見が掲載されていた。そういう懸念があることはもっともなことと思うが,そこで何となく議論がとまってしまうのは残念だ。明治維新,敗戦占領による改革に並ぶ,三回目の改革,開国が求められている。

昨日,たまたまそのことについて知人と議論をした。個人的には移民受け入れは不可避だと思うし,それを進めることで異文化に寛容で,もう少し論理的なコミュニケーションができるような社会を作ることは,今後五十年,百年と資源のない日本が国際社会で名誉ある地位を得て活躍するための条件だと思う。この点で二人の意見は一致した。

実際,今の日本の状況はどうかというと,中小企業であっても海外につながっている企業は多いし,地方では嫁不足による国際結婚も多くなっている。また,東京での国際結婚率も高い。

ただ,そうはいっても,外国人の犯す犯罪は目につくし,これから経済規模の縮小が避けられない中,鬱屈を排外的な感情でしか表現できない輩も多くなるかもしれない。

必要な条件は,一つには政治の変革だと思っている。政権交代がある社会になることは,日本の社会を大きく変え,価値観の多様化に寛容になることだろう。ようやくこれは実現,定着しそうな雰囲気である。

もう一つ,これは隣の大国,中国とロシアが安定した社会を維持すること。これは,日本の影響力が行使できない面もあるのでよりハードルは高くなるが,市井では市民レベルの交流を活発にするという方策をとれないことはない。幸いなことに,自発的な活動も多い。

自分達でどうしようもない部分と,変えられる,あるいは変えるべき点を分け,限られた資源を目標実現のために集中投資してぶれずに進むという戦略が,低成長の日本では個人も国レベルでも求められている。

[日記]雑記

今日も礼拝にも出ず、ひたすら仕事環境の構築。ふりかえってみると、11月のバザーの後に1回出て以来、ずっと欠席していることになる。

妹よりメール。実母とけんかしたとのこと。めずらしいこともあるものだ。

明日はラジオで日中韓の青年の交流を取り扱ったラジオ番組があり、ちょっと期待している。

[日記]留学生の夕べ

知人に誘われて、久しぶりに国際交流イベントに参加するため、名古屋国際センターまで出かけてきた。同じ知人に数年前に誘われて参加して以来である。

前回は中国パワーが目立ったが、今回はベトナム勢力が台頭していた。イベントの中でだしものがあるのだが、ベトナムからの発表が何度もある。知人曰く、毎年のようにスタッフが入れ替わるので、その影響も大きいとのことであったが、やはり時点時点での国際経済情勢を反映しているようにも思える。

面白いと思ったのは新疆ウイグル自治区や南インドの文化・歴史紹介のプレゼンテーションである。新疆は何度も訪問してなじみのある場所であるし、南インドはその豊かな文化と自然に圧倒されるような思いだった。また、中東バーレーンのプレゼンの中で、数千年の歴史がある習慣が紹介されていたが、これも興味を非常にひかれた。

質疑応答の時間がとられ、日本語や英語のやりとりで質疑がかみあっていないところが多数あったが、これは学生のイベントとしてはやむをえない面もあろう。司会者は留学生と日本人のスタッフであったが、日本人スタッフが英語や他の言語をきちんと理解できる人材にまで育ってほしいと感じた。

景気が冷え込む中、イベントの規模が前回参加したときと比べて縮小していたのは残念だった。厳しい環境ではあろうが、企業や個人の社会貢献意識の奮起を期待したいところである。

20081213 留学生の夕べ
20081213 留学生の夕べ

 

20081213 名古屋駅前にて
20081213 名古屋駅前にて

神戸旅行

晴れ

本日は神戸。6:30起床,7:30にYさん宅へ。市内は朝の渋滞。意外に幹線道路も混んでいると思ったら,事故処理中だった。車中では関ヶ原の合戦の話 だとかを中国語と日本語をまじえてするのだが,気をつけていないと運転から意識が移ってしまいそうと,助手席でハラハラされる。米原ICで名神にのり,多 賀で休憩。11:30頃,西宮インター着。震災の直後に目の当たりにした光景と,1年後に見た復興中の風景,そして妙に新しい街並みとところどころの空き 地を感慨深く眺めながら,西へ。12:00頃,三宮着。

近くの駐車場に車を停め,早速南京町へ。ざっと眺め,お昼にと快餐屋の椀を片手に広場の休憩所に。パンを持参したとかで,それと一緒に。急に向かいに座っていた派手な格好の女性が歌を歌い始めてびっくり。

食事後,散歩がてら元町通りに出,メリケンパークヘ。震災当時の波止場の設備が残してあるのだが,中国でもテレビで報道されていたよとか,留学生や就学生 が沢山亡くなったんだとか,ちょっとしんみりした話をする。

Yさんのお父さんはゴミ箱にも興味津々でのぞき込んだりしていて,Yさんと笑ってみていた。 ぐるっと海の方にまわってから,ヤマト1の前へ。

せっかく日本に来たのだからと,移情閣(孫文と交流のあった華僑の別荘だった建物に,中山のゆかりの品などを展示してある)を見に行く。

バブルの申し子,本四連絡橋を下からみあげる。

多少時間があったので,予定では午前中に行くはずだった異人館街にいってみることにする。一方通行を知らなくて出口側に着いてしまい,ぐるっとまわったも のの,駐車場を見つけて山登りに。4:00をまわっていて少し寒くなってきた。観光案内所にも立ち寄り,地図をもらったり,道順を尋ねたりする。歩いて 10分くらいとのことで街を見ながらぶらぶら歩いていったのだが,旧中国領事館の受け付けのおばさんは,しきりにもう時間が遅いよ,またあかるいうちにこいといい,早く帰りたがっている様子がみえみえ。ところが下ってきてフランス館やイギリス館は道路の向こう側からでもしきりにどうぞどうぞと声をかけてく る。同じ受け付けなのにね。

日も暮れかけ,予定通り17:00頃神戸発。西宮まで小一時間かかり,おそくなるかなと心配したが,その後は順調。

20:30頃,堤防道路経由で学校近くのGSへ。昨日予行演習をしておいたので,さすがに今日はスムースに済むかと思ったのだが,ハイオクとレギュラーをとりちがえてしまって笑われる。Miniはハイオク指定なので,いつもの癖で黄色いノズルをとってしまった。

Yさん宅で夕ご飯をご馳走になる。テレビを見たり話をしたりして,結局10:00頃辞す。本屋に立ち寄り雑誌購入,帰宅。メールでお礼とあいさつを交換し,長くて短い一日が終わった。

第1章終了

晴れ時々曇り

組織開発の本,第1章翻訳終了。引き続き第2章に。

昼過ぎ,気分転換に近所のショッピングセンターに外出。風が強く,寒い。関ヶ原方面は空一面の雪雲。今年は街の紅葉もきれい。

もうすぐ姪の誕生日なので,お祝いを思案中。

四人に一人ができちゃった婚のこども

日経新聞の報道で見たんですが,厚生労働省の人口動態統計によると,2000年度に日本でうまれたこどものうち、四人に一人ができちゃった婚カップルのこどもだとか。たしかに最近よく見聞きしますので、そんなものかと思って記事を読んでいました。

個別の結婚は当事者どうしの問題だし、家族が幸せならそれでいいのです。がしかし予想される結果をあえて考えることをしない青年が増えているのだとしたら、この国の将来はあまり明るくないなとも思います。

東京では10組に1組が国際結婚

朝日新聞の報道で見たんですが,厚生労働省の人口動態統計によると,2000年度では日本全体で22組に一組の割合で国際結婚をしているとか。東京都区部では10組に1組の割合だそうです。

確かに国際結婚は増えているとは思うのですが,一部の例外を除いて身近にそんな例をあまり見ません。例外というのは関わっている中国関係の集まりのメンバーの方で,そういう発言があいついでいます。でも,これはもともと中国に関心を持つ人たち,関わりを持つ人たちの集まりですから,一般的な姿とはかけ離れているはずですよね。

私自身としては国境に縛られないで活躍する日本人が多くなっていることと同様,閉鎖的・閉塞的な日本が変えられるきっかけのひとつとして,国際結婚が増えるのはよいニュースだと思います。でも上述の数字には実感がともなわないなぁとも思います。

皆さんはこのニュース,どうお感じですか?