晴れ

蒸し暑い。

ひさしぶりに礼拝出席。講演題は評価からの自由。絶句。

晴れ

18時10分着陸。蒸し暑い。

そのまま寝苦しくて眠れず,徹夜。明け方,名大元学長の飯島宗一氏の内村鑑三に関する講演をラジオに聞き入る。飯島氏は名大の退官講演を名古屋・鶴舞の名大医学部の講義室にもぐりこんで見て以来である。飯島氏と内村を結び付けて考えたことはなかったので意外だった。

内容は「後世への最大遺物」の紹介。

晴れ

12時55分,ナポリ空港発。13時10分パリ・オライリー空港着。シャルル・ド・ゴール空港にバスで移動。理髪。まだ出発時間まで4時間以上ある…。

と思っていたらなんと中東の某国に出張していた同僚に声をかけられる。ちょうど東京に帰国する途上とのこと。もっとも,彼とは同じ飛行機なのだが,先方はビジネスクラス,当方はエコノミー,しかも最後列のいわゆる団体客扱い席。もちろん本社に勤めるこの同僚に責は無く,先方もクラスの違いを聞いて恐縮していたが,あれだけイタリアで一生懸命やっていてもこういう待遇の差を目の前に突きつけられると,いつでも平常心を保つ自己修養というのが本当に自分のためにも会社のためにもいいのだろうかと疑問に思えてくる。

というわけでひたすらパリー成田間は寝ることにした。

晴れ

明日の帰国を控えて一日ほぼ寝て過ごす。今週は精神的に復調してきたが,肉体的な疲労は溜まってきている様子。

勤め先の同僚らによる壮行会を除いて,無感動(国内出張と同様の意識)に日本を出国,イタリアで日々過 ごしてきたが,もう次回は無いんじゃなかろうかと今年は思った。会社は同期のUという適材を見つけ,自分個人としては10年の社会人生活の節目を迎えた。イタリア側が魚野の再来をと言ってくれているうちに辞めるほうが,一種よい引き時かも知れぬ。

帰国したら家には帰らず,妹の所に遊びに行くことにしようと思っている。

引き続き蒸し暑い

一時帰国した同僚の再帰国が決まる。少しだけ私のイタリア滞在が延びる様子。同僚の帰国理由が彼にとっては悲しい事情によるものではあるし,私情をはさまず仕事をすべきなのだろうが,できることならこのままシーズン終了まで居たいのだが。

終日,検味。

蒸し暑い

終日,検味。夕刻,同僚らが現れる。

当地の事情や仕事の進め方をある程度把握し,イタリア語もかなり読み書きできるようになったこともあって,この夏は一人で放っておかれることが多い。一年目もそんな風だったし,別に誰かと話しながら仕事をしたいというわけではない。借りたい時には電話を借りて,本社から来ている同僚や当地の駐在員には連絡を取ることもできる。ただ,いつ迎えが来るか分からないのに工場に居させてもらうことは,あまり居心地のいいものでもない。彼らもシーズン真っ最中は一年間の利益の源泉だから一生懸命働くし,いくら日常会話程度なら話が通じるとはいえ,顧客となる会社の社員と何でもかでも話せるわけではないだろう。

そういうわけで,時々工場の作業現場を見に行っては気を紛らわせ,品質管理・検査担当者たちとあぁだこうだと品質状況,生産状況,衛生管理状況を話題にして情報収集に努め,サンプルの検味を行い,記録を取る。やれやれ。いつまでも続けられる仕事ではないなぁ。

妹より,男児無事出産との知らせ。おめでとう。帰国したらすぐ見に行ってやるよ。

暑い

午後1時の気温は40℃。さすがに暑い。

今日はぜんぜん人の話を聞かない困ったハイヤーの運転手があてがわれてやや疲れた。右側のバックミラー が無い(ちなみにイタリアの車は原則としては右側通行)車で,黄色いジャケットを着たおじさんなのだが,失業中で臨時の運転手に雇われたとのこと。指示に従わなくてこちらの語気が多少荒くなると急に景色の話をしたりする。自分ではめったに他人に対して感情的にならないつもりだけれど,疲れもあってか今日はさすがに半ば強引にこの運転手に別れを告げた(約束があるから待っているだの何だのとうるさかったけれど)。

いかんいかん。

聖母昇天祭

今日も一日仕事(さすがに工場めぐりはお休みで,終日データ整理して過ごす)。日本は今頃は終戦記念日やお盆の季節だが,当地イタリアではフェラゴスト,聖母昇天祭の季節。暑さの峠を越える時期なのは変わらない。

ホテルは入り江に面しているが,その対岸での山火事が大規模に朝から延焼中。珍しく空全体が曇りがちで,風も強い。イタリアでは夏にしばしば山火事が発生する。乾燥しているから自然発火もあるらしいのだが,失業者が後の植林作業に従事できるのをあてこんで放火しているという噂を時々耳にする。どこまで本当なのだろうか。

今日再挑戦しようとしていたベスビオ登山は危険を理由に中止(半そでしか持っていないので)。

満月?

疑心暗鬼

久しぶりに訪ねた工場には,昨年別の工場で品質管理責任者をやっていた男がいて,やはり品質管理責任者をやっていた。この男にはあまりよい印象は無いので(疑惑サンプルなど),多少身構えてルーチンワーク。特に問題なく終了。そそくさと工場を去る。

今日は満月?