生ハムを避けることが妊婦のトキソプラズマ症予防となるのか?

妊婦は生ハムを食べるべきではないという意見をちらほら見かけます。ざっと調べてみましたが,結論としては適切に製造・流通されている名のある生ハムなら,大丈夫ではないかと思っています。

トキソプラズマ症は,トキソプラズマという微生物が原因となる病気で,妊婦さんがこれに感染すると胎児に深刻な影響を与えるとのことで,その予防は重要です。各地の保健所などの情報を見ると,トキソプラズマ症の感染予防には,生肉は必ず十分加熱することという予防方法がたいてい掲載されています。加えて,ネット上では生ハムも避けるべきという意見をよく目にします。加熱していない生肉や,十分加熱されていない生焼けの肉が危険というメッセージが独り歩きして,「生」がついている生ハムまで避けるべき,あるいは加熱されていないのだから生ハムは危険という意見につながっているようです。

ところで,イタリア料理などで出てくる生ハムは生肉なのでしょうか。生ハムは「生」という名がつくくらいですので,確かに加熱はしてありませんね。ただ,塩漬け,熟成加工してあり,高塩分,低水分活性という状態になっています。このような状態だと長期保管がきくので,かつて冷蔵技術がなかった頃の遠洋航海などにも使われました。スチーブンソンの「宝島」などで出てきましたね。もちろん,生ハムといってもいろいろな塩分濃度や水分活性状態があるので,少しでも塩漬け・熟成してあればなんでもかでも大丈夫だというわけではありませんが。

生ハムの本場の一つ,イタリアの生ハム関係者であるジュゼッペ・コミ博士は,生ハム由来のトキソプラズマ感染の可能性に関しては,適切に製造・流通されていれば安全という見解を出しています。この見解が掲載されたページには,市販の生ハムを調査した結果などを記した論文が論拠として紹介されています(上記リンク先に論文の書誌情報記載あり)。コミ博士は,肉製品は2ヶ月以上熟成していあれば安全であり,Prosciutto di San Daniele, Prosciutto di Parma, Prosciutto di Veneto Berico Euganeo のようなイタリアの生ハムはいずれも13ヶ月以上熟成してあるから大丈夫だと述べています。

ただ,アメリカでは自家製の生ハムなどが感染源だった例があるという研究報告はみつけました。

残念ながら魚野は学術論文を気軽に入手できる立場にはないので(どこかの大学や研究機関などに常勤で所属していればなんとかなるのですが…),いずれの研究報告も原文にあたることができません。

それ故,市販の生ハムが安全と主張されていること,手製の生ハムが感染源となった例があるということからの推測ですが,おそらくは一定以上の塩分濃度をそなえ,かつ一定の熟成期間を経ている生ハムは,トキソプラズマ症の感染経路とはならず,それを満たさない生ハムはなりうるということではないかと思います。これは,高塩分濃度,低水分活性では多くの微生物は増殖しにくい,あるいは死滅していくという食品衛生の概括的な知識とも合致しています(もちろん,例外はありますが,トキソプラズマがその例外にあたるかどうかは,きちんと文献を調べてみないとわかりません。もし生ハム関係の仕事をいただくなどして調べる機会があれば,あたってみます)。

以上のことを魚野なりに要約すれば,妊婦さんは熟成期間が短いなんちゃって生ハムはやはり避けたほうがいいということです。万一感染した場合の結果が重篤なので。もちろん,リスクをとことん負いたくなければ,名のある生ハムをも避けるということになりましょうか。ですが,信頼出来る作り手・お店のものなら大丈夫じゃないでしょうか(推測まじりですから説得力が弱いですね。こういう研究結果があるなといった紹介や,きっちりした論拠のある反論があれば歓迎します)。

それと,猫がトキソプラズマの宿主となっての感染例が多いとのことなので,猫経由の感染(猫の世話や土・庭いじりで猫の排泄物を知らずにうっかり触ってしまうこと,猫の顔に触れることも含めて)に気をつけるのが,大事そうです。

[日記]暑くなる前に

今日も暑くなりそうとの予報であり、すでに空は真っ青に輝いている。熱くならないうちに、自転車に乗って出かけよう。

[日記]すっころんだ

歩道に,折れた保護杭?があるのにきがつかず,思い切り前に放り出されて顔面殴打。あいにくめずらしくふだんのめがねをかけていたため,そのつるについているマグネットで右目の下に傷を二カ所つけてしまった。不思議なことに,一緒についた右手の掌は内出血止まり。

通勤途中だったのでそのまま丸の内まで自転車に乗っていったが,実は転んだあとしばらく,軽い脳震盪状態で,立ち上がれなかった。こんなのは,中学生の時に交通事故に遭って以来(あのときは,一時的に気を失ったが,今回はさすがにそれはなかった。打ったのが顔だけだったからと,栄の街中の歩道で,それほど速度が出ていなかったことが幸いした)。

朝,6時前に起きてからなんとなく気分がすっきりしなくて,朝,シャワーを浴びて目を覚ましてから出かけてきたのに,なんたる失態。おかげで目は覚めましたが。歩道にあんな状態の杭をそのままにしておかれると,さすがに道路管理者の責任も問いたいところだが,まぁ日中で路面をよく見ていなかったこちらも非があるし,消毒液と絆創膏くらいで済ましてしまったから,請求するほどの治療費もなし。

絆創膏はガーゼ部分以外の所でリンパ液の浸出がとまらないので,ただいまはずしたところ。かわかせば,なおるかしらん。

[日記]結局二泊三日の出張に

結局二泊三日の出張になった。鍵は出張先で見つかり,宅配便で送っていただいたのだが,何しろ160kmも離れた地で見つかったのであり,当日取りに行くというわけにはいかなかったのだ。

こういうときは前向きに考えようということで,たまたま持ち歩いていたパソコン,大学の講義で回収した学生の質問票(これは毎回全員に書いてもらい,翌週を目標に全員にコメントをつけたものを一覧で配布している)の回答をホテルに缶詰になって作成することにした。

やってみると快適で,ずいぶん集中できる。当日に予約を入れて価格が安くなるサービスを利用したこともあり,収支としてはあわないかもしれないが,週に一回くらいなら,一回懇親会に出るより安くすむくらいなので,しばらく続けてみてもいいかもと思い始めた。

さてさて,忘れないうちに,スペアキーと,それをどこかに置いておくか,あるいは預けておく場所を確保しなくては。

[日記]体調管理は大事

昨日は三重県の南方に農商工関係で日帰り出張だったのだが,自宅に戻ってきて鍵を開けようとしたら,なんと鍵束がない。

すでに時間は夜中の10時をまわったところで,仮に電車で置き忘れたとしたら,見つかるのも遅い時間だろうし,名古屋駅にまでとりにいくとしても帰ってこられないかもしれない。これは今晩の過ごし方を決めてから動き出そうと,とりあえず近所で前から気になっていたスーパー銭湯の営業時間を確認した。よし,24時間営業,しかも仮眠室あり。これで最悪でもそこまであるいていけばいいやと覚悟を決めた後,おもむろに近鉄に電話。ひょっとしたら,ホームのゴミ箱に捨てたお弁当のからに,一緒に放り込んでいたかもしれない。でも,懐中電灯付きの重たいものだから,気づくだろうけどなぁと思いつつ,とにかく電話した。

実はここしばらく風邪気味で,名古屋に帰ってくる際にも,あわてて乗り込んだ特急が発車した対抗ホームに別の特急が滑り込んできて,反対方向に向かってしまったのだった。いやはや,終日議論のはての緊張がとけた時間帯とはいえ,普段の自分なら考えられないミスである。それでも次の駅の駅員さんには親切にしてもらい,比較的早い時間に帰ってこれた。ところが,このざまである。

出張先のどこかで置き忘れたか落としたかした可能性が高いと思いつつ,電話で届け出をともかくした。駅員さんは直後に回収があって,その時何も連絡がなかったとはいうものの,わざわざ構内のゴミ箱を全部調べてくれたようで,大変恐縮した。が,ないものはない。

たまたまくだんの銭湯の深夜料金ぐらいのお金を持ち合わせていたので,ともかくも湯につかって休むことにした。体を洗っていくつか浴槽につかり,露天風呂に出てみたところが….

雨が結構強く降りだし,しかたなく室内風呂に戻ることに。どうせ濡れているのだからいいかもという思いもあったが,酸性雨がとりざたされる日本でもあるし,ともかくこの1週間は風邪をこじらせるわけにはいかないのだ。

休憩室へ移動し,持ち合わせていた中国語の弁護士小説を読み進み,数ページ読んだところでうとうと。そのまま寝てしまった。とはいえ,夜中に何度も目が覚める。

はたしてこの結末は…家へはいつ入れるのだろうか…

20090420 志摩出張(賢島駅にて)
20090420 志摩出張(賢島駅にて)

[日記]即,就寝

土曜日,すべての予定を放り出して一日寝ていたからか,なんとか今日一日はもちました。朝9時から夜の8時まで,事業者さんのところで事業計画の内容や数値についてディスカッション。途中,薬が切れてさすがに鼻水が止まらなくなりましたが—基本的に今回の風邪は鼻風邪のようです,幸い持ち合わせの小青竜湯とティッシュでなんとかなりました。

明日は名古屋駅を8時前に出発です。今晩もやらなければならない授業の準備や書類の整備をすべて忘れて,即寝ることにしますzzzzzz

[日記]下班

風邪の引きかけの症状が出てきてあぶなそう。この週末は事業者さんのところで事業計画などのブラッシュアップ,週明けは紀伊半島の先へ出張。気を抜けません。

[日記]夜型の習慣を元に戻すには

自分もそうだったのだが,学生のうちはついつい夜型になってしまいがちである。その理由はいろいろあるだろうが,一つには,しなければならないことのプレッシャーから無意識に逃げたいと思っていること,そしてもうひとつは,実際,夜中の静かな時間こそ学生にとって効率が良い作業時間だということだろう。

社会人や家庭をもつ立場になると,そうもいっていられなくなる。見積もった時間通りに作業が終わることはそもそもめったにないし,時間は遅れだけが蓄積される[1. 要素作業を早めに完了したとしても,次の作業が遅れれば結局全体としては遅れてしまう。]。

ではどうしたらいいだろうか。ポイントとなるのは,単に朝早く起きようという努力論,精神論にしてしまうのではなく,昼間の運動量を増やすという具体的な行動が重要だということだ。

自分の場合,自転車を使って運動量を増やすことが非常に効果があった。自転車で出掛けるという日数を増やしただけで,朝は目覚まし無く起きられるようになり,食事も進むようになった。髀肉の嘆という言葉があるが,二ヶ月足らずの取組で太ももの筋肉量が目に見えて増えてきた自分にとっては髀肉の悦といったところか。

自転車での行動は勝間和代氏も勧めているが,無論,誰でも自転車に乗る方法が運動不足解消の至高の手段というわけではない[2. 自分の場合は中学生時代に二年間自転車通学をしており,自転車のメンテナンスには困らないという自信があったことや,行動範囲を自分の自由にでき るという楽しさと,東京勤務時代に買い求めたMTBを整備する楽しさが,今回の取組を後押ししてくれた。栄や名古屋駅などの繁華街に出る場合,時間的には バスや地下鉄を使う場合と自転車で出掛ける場合とで,ほとんど差が無いという点も,新鮮な発見であった。]。あなたにとって,泳ぐことが楽しいということであれば,公営プールに通えば良いだろうし,走ることが得意だということであれば,走れば良い。

冬休み,早起きが出来なくなったという学生諸君,ぜひ体を動かしてみよう。

5000円で整備

この金額はMiniではなく,自転車ですが(携帯空気ポンプ,スタンドの購入)。

ベランダでタイヤの空気が抜けたまま日干しになっていた自転車を引っ張り出し,久しぶりに空気を入れてみた。ついていなかったスタンドを購入し,とろけかかっていたグリップ・ゴムをとりかえ,変速機,ブレーキのワイヤの位置を調整。24段変速のはずが8段変速くらいになってしまっているが,街乗りなら不便はなさそうだ。手始めに大学の図書館やMiniを預けている整備業者さんのところまで,片道30分くらいをそれぞれかけて走ってみた。ふむ,高校生時代とあまり変わらない感覚で乗れそうである。

名古屋は歩道が広く,交差点での道路との段差が抑えてあるのに加え,駐輪場が随所に整備されているので,歩行者優先や交差点での減速・一時停止などのマナーさえ守っていれば,自転車は実に便利壮快な移動手段となる。

Miniのほうも整備が終わり,スムーズなブレーキ操作感覚が戻ってきた。タイヤやサドルをはずせば自転車も簡単にMiniに載せられることがわかったので,夏の終わりに少し遠出でもしてみようかと思う今日この頃。

見立て

修理業者さんによるカークーラー白煙事件のお見立ては,冷え過ぎか,ドレインのつまり。ということで結局気になっているブレーキの点検・部品交換とその他細かなお願い(ラジエータ温度センサーへの並列開閉回路の設置,車高上げ)のみということにした。

お見立てといえば,先日ニューヨーク出張の際に同行した薬局の方のところにお邪魔してきたが,気になっている身体の症状(夏風邪の後期症状?)と現在とっている対策(自分なりの漢方市販薬の投薬など)を伝えたら,こうこうこういう理由でこうだ,だからこうだと,いろんな知恵を授けてくださった。

診断士も会社の健康状況や不具合の見立てと処方を生業としている。経営の問題や課題について顧客である経営者の方の納得を得つつ理解してもらい,経営者自身にも変わってもらうための動機づけのお手伝いをする,やりがいのある仕事です。